【U-23日本代表】遅れてきた“ラッキーボーイ”。豊川雄太がチームに勢いをもたらす

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2016年01月08日

ベトナム戦では胸トラップからボレーでネットを揺らす。

昨年末の沖縄・石垣島合宿から好調を維持する豊川。ベトナム戦でもしっかり結果を残した。(C) J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

 リオ五輪アジア最終予選に向けてカタールで合宿中のU-23日本代表が7日、ドーハのアル・アハリ競技場でU-23ベトナム代表と対戦し、2-0で勝利した。前日6日のシリア戦に続いて非公開で行なわれたなか、11分にMF豊川雄太が先制ゴールをマーク。18分にはFWオナイウ阿道が続いた。
 
 手倉森誠監督が「序盤は良い形が続いた」と振り返ったように、素早く先手を取った。豊川のゴールは4-4-2の両サイドハーフが連動し、ゴール前へのクロスを右MFの矢島慎也が競って頭で落とし、左MFの豊川が落下点に飛び込んで決めたもの。
 
 胸トラップからの右足ボレーでゴールネットを揺らした豊川は「慎也君が頑張って落としてくれた。上手く決められたし、得点を決めたことは良かった」と振り返る。
 
 豊川は69分にMF南野拓実と交代するまで、相手の裏を狙う動きでチームを活性化。途中出場した前日のシリア戦と合わせて計90分間の調整を終え「上がってきてますね」と納得した。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月13日号
    7月22日発売
    2020年シーズン更新版
    J1&J2全40クラブ
    最新戦術ガイドブック
    攻守のメカニズムを徹底分析!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ