• トップ
  • ニュース一覧
  • なぜ名門・国見は全国4強へと躍進できたのか。“凄くねちっこい”堅守で大会5試合を無失点で切り抜けた【総体】

なぜ名門・国見は全国4強へと躍進できたのか。“凄くねちっこい”堅守で大会5試合を無失点で切り抜けた【総体】

カテゴリ:高校・ユース・その他

森田将義

2023年08月04日

「自分たちは勝てないと思い込んでいた」チームが着実に成長

選手時代に国見で一時代を築いた木藤監督。“冬”でのさらなる躍進を誓った。写真:森田将義

画像を見る

 昨年の選手権はベスト16まで勝ち進み、国見復活を印象づけたが、新チームで残った主力は平田を含めた数名程度。一からのチーム作りを余儀なくされ、年明け1月の末に行なわれた県新人大会は初戦敗退で終わった。

「自分たちの代になったらやってやるぞと意気込んでいたら、出端をくじかれた。そこから勝っていくにはどうしようと考えたのが、今年のチーム」と振り返る木藤監督。新人戦で敗れてからはライバル校たちがピッチで躍動するのを尻目に、国見の選手は運営担当として裏方に回った。「悔しい気持ちを心の奥に秘めて、次の高校総体やリーグ戦でやり返そうとみんなで話していました」とは平田の弁だ。

 以降はなかなか調子が上がらない時期が続いたが、春休みに行なった静岡遠征を機に「自分たちは勝てないと思い込んでいた」(中山)チームが白星を重ねて、手応えを掴んでいった。この夏の勝ち上がりは国見の選手にとって、また新たな自信に繋がったのは間違いない。
 
「平田キャプテンを中心に、ここまでは凄く良い積み重ねができているので、夏で得た自信とまだまだ足りないことを積み上げていきながら、勝負の冬に向かっていきたい」

 木藤監督が決意を新たにしたように、全国3位という称号とあと数歩のところでタイトルに届かなかった悔しさを活かし、また冬に向けてチャレンジを続けていく。

取材・文●森田将義

【画像】帝京、国見、鹿実、市船… 強豪校別 歴代ベストイレブン!

「『国見復活』と言われたのですが...」抜本的な変革をもたらした指揮官・木藤健太。インハイ4強も「驚きはない」【総体】

ついに決勝カードが決定! 桐光学園がPK戦の末に国見を撃破、明秀日立は日大藤沢に3-1快勝で初のファイナル進出!【総体 準決勝まとめ】
【関連記事】
「『国見復活』と言われたのですが...」抜本的な変革をもたらした指揮官・木藤健太。インハイ4強も「驚きはない」【総体】
「盛り上がりが違う」冬の選手権出場を転機に“サッカーの町”にも変化! 新生・国見が真の名門復活にかける秘めた想い【総体】
「座右の銘? 色紙には“動く!”と書いてますよ」名伯楽・小嶺忠敏が貫いたイズム、そして教え子たちへの無上の愛
「頼もしかった」初のファイナル進出!明秀日立の萬場監督が選手を称える。“夏の日本一”に向けた手応えは?【総体】
G大阪ユース、16年ぶり大会制覇の裏にあった物語。同級生のために戦った3年生の想いと、長期離脱中の主将が見せた会心の笑顔

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ