• トップ
  • ニュース一覧
  • なぜ名門・国見は全国4強へと躍進できたのか。“凄くねちっこい”堅守で大会5試合を無失点で切り抜けた【総体】

なぜ名門・国見は全国4強へと躍進できたのか。“凄くねちっこい”堅守で大会5試合を無失点で切り抜けた【総体】

カテゴリ:高校・ユース・その他

森田将義

2023年08月04日

「点が取れる、取り切れるチームを冬までに作りたい」

惜しくもPK戦で涙を呑んだ国見(手前)。伝統の堅守は健在で、全試合を無失点に封じ込んで大会を後にした。写真:森田将義

画像を見る

 ここまで勝ち上がると想像していた人はいただろうか。

 5回のインターハイ優勝を誇る名門・国見(長崎)。夏の全国大会出場は実に12年ぶりで、県予選も準決勝、決勝はPK戦の末に掴んだ辛勝であり、決して前評判が高いチームではなかった。ところが、いざ大会がはじまると力強い勝ち上がりを続けて、ベスト4にまで躍進したのである。
【選手権PHOTO】堀北・ガッキー・広瀬姉妹! 初代から最新18代目の凛美まで「歴代応援マネージャー」を一挙公開!

 快進撃を支えたのは、5試合を無失点で切り抜けた堅守だ。「相手の特徴をできるだけゲームの中で掴んでいくか。そこに対して、チーム、またはグループでどう対応するかを春から積み重ねてきた」と口にするのは、木藤健太監督だ。最初は慣れない全国大会の舞台に緊張もあってどこか自信なさげだったが、1回戦で初芝橋本(和歌山)に1-0、2回戦で帝京五(愛媛)に2-0で勝利すると、徐々に選手たちが自信を掴んでいき、守備の強度が高まっていった。

 迎えた準決勝の桐光学園(神奈川)戦。相手チームが擁するMF松田悠世(3年)と齋藤俊輔(3年)の両翼は今大会屈指の実力者で、一度ボールが渡せば簡単には止められない。「試合前からサイドバックが蓋をし、サイドハーブをプレスバックさせるなど人数を掛けた守備を意識していました」と主将のDF平田大耀(3年)が明かした通り、国見はイメージのままに相手の生命線を封じていく。
 
 万が一、ゴール前に持ち込まれても、平田らDF陣が身を投げ出してでもシュートブロックに行く。その粘り強さを見ていると、エースのFW中山葵(3年)の言葉が腑に落ちる。「国見は凄くねちっこい。ゴール前ではみんなが身体を張れているし、それを何回も繰り返せる」。

 この日も堅守を継続したまま、35分ハーフの前後半を終えたが、得点が奪えずPK戦に突入。ここでの戦いは4-5で敗れて、無失点のまま大会を去った。木藤監督は「勝ち切るチームになるには、点を取っていかないといけない。そのチャンスをウチが作り出せたかと言うと、1回ぐらいだったと思う。点が取れる、取り切れるチームを冬までに作りたい」と前を向いた。

 北海道の舞台で国見が見せた姿は称賛に値する。
【関連記事】
「『国見復活』と言われたのですが...」抜本的な変革をもたらした指揮官・木藤健太。インハイ4強も「驚きはない」【総体】
「盛り上がりが違う」冬の選手権出場を転機に“サッカーの町”にも変化! 新生・国見が真の名門復活にかける秘めた想い【総体】
「座右の銘? 色紙には“動く!”と書いてますよ」名伯楽・小嶺忠敏が貫いたイズム、そして教え子たちへの無上の愛
「頼もしかった」初のファイナル進出!明秀日立の萬場監督が選手を称える。“夏の日本一”に向けた手応えは?【総体】
G大阪ユース、16年ぶり大会制覇の裏にあった物語。同級生のために戦った3年生の想いと、長期離脱中の主将が見せた会心の笑顔

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ