【リオ五輪予選】鈴木武蔵が狙う“正夢ゴール”。持ち味活かせる2トップへの変更で爆発の予感も!

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2016年01月12日

2トップ変更により特長が活きるように。

2トップでパートナーを組むことが予想される久保(左)と鈴木(右)。鈴木にとっては持ち味をより活かせるシステムへの変更となった。写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 また、手倉森監督が4-2-3-1から4-4-2へ基本システムを変えた点も鈴木の追い風となった。以前は1トップとしてポストプレーなど身体を張るプレーが求められたが、2トップになったことで、もうひとりのFWが中盤に落ちた際に裏でボールを受けるなど本来のスピードを活かせる展開が増えたのだ。
 
 鈴木も「自分の良さを活かせる。テグ(手倉森)さんは、よく裏へのアクションのことを言っていて、パスの出し手も(動きを)見てくれるようになった。持ち味を活かしやすい状況。どんどん特長を出していきたい」と意気込む。
 
 最終予選でコンビを組む可能性が高い久保とのコンビネーションも進化中だ。同部屋で過ごし、「サッカーの話など、グラウンドや部屋などでいろいろ会話している」という。
 
 最終予選を勝ち抜くには苦しい場面でゴールを決めてくれるエースの存在が不可欠。最近では久保、南野の海外組に注目がいきがちだが、鈴木にもこのチームを立ち上げ期から引っ張ってきたプライドがあるはずだ。
 
 北朝鮮戦での“正夢ゴール”を実現させれば、一気に勢いに乗ることができるだろう。
 
取材・文:本田健介(サッカーダイジェスト編集部)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月3日発売
    EURO2020
    出場24か国
    コンプリートガイド
    選手名鑑&徹底チーム解説
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ