【リオ五輪予選】鈴木武蔵が狙う“正夢ゴール”。持ち味活かせる2トップへの変更で爆発の予感も!

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2016年01月12日

状況が好転し始めた昨年11月の湘南戦。

11月の湘南戦で戦列なゴールを決め、復活ののろしを上げた。今大会ではチームを五輪出場に導くゴールが望まれる。写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

「ゴールを決めた夢を見たんですよ。相手は北朝鮮だったと思います。見たのは12月くらいかな」
 
 リオ五輪最終予選のグループリーグ初戦、北朝鮮戦を前にそう語るのはチームを最前線で牽引する鈴木武蔵だ。
 
 鈴木の昨季を振り返ると、怪我の影響で思うようなパフォーマンスを見せられなかった。8月には出場機会を求めて新潟から水戸へレンタル移籍するも結果は6試合・2得点。しかし、負傷が癒え、迎えた昨年11月の神奈川合宿での湘南戦、復活の狼煙を上げる豪快な一発を決めた。
 
 それは「(怪我の影響があって)5分という限定的な使い方」(手倉森)のなかで、存在価値を示そうと奪った意地の一発だった。
 
 この1点を境に鈴木のコンディションは右肩上がりに好転していく。「(12月末の沖縄・石垣島合宿では)身体を追い込んで、その後、回復させてコンディションはすごく良くなった」と自信を深める。
 
 最終予選の地・カタールに入ってからの軽快な動きを見ていても、その好調さが伝わってくる。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ