【C大阪】柿谷、丸岡らの復帰の裏で混迷を極めた監督人事。“苦肉の策”大熊監督続投が決まるまでの経緯とは?

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2016年01月07日

あるドイツ人監督との交渉は途中で打ち切りに。

柿谷の1年半ぶりの復帰が決まるなど戦力は着々と揃う。今後どのようなチーム作りがされるかには注目だ。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 監督候補者への事前調査ができていれば、これほど難航することはなかったかもしれない。Jリーグ関係者はこのように明かす。
 
「本来であれば、次期監督を決めるのは強化部長の役目のはずです。しかし、強化部長や、GMの判断が、すんなりと受け入れてもらえないクラブもある。そうなると、監督を決める作業は複雑化してしまいます。現在のセレッソも、そのような複雑な体制になっているように映ります」
 
 ふたりの候補者との交渉が決裂すると大熊強化部長をトップにするC大阪の強化部は、独自の人脈から新たな候補者を探した。それは日本で指導歴のあるドイツ人監督だった。12月某日、場所は大阪。そのドイツ人監督とC大阪の強化部の担当者が接触したという。時を同じくして、FC東京を退任するマッシモ・フィッカデンティ監督の代理人からも売り込みが入ったようだ。
 
 ある代理人は「実際、新監督候補の本人が来日して、交渉は大詰めに入っていたようです。あとは社長の承認さえもらえれば、正式に決まっていたのではないでしょうか」と舞台裏を明かす。しかし、このドイツ人監督との交渉は、C大阪側が打ち切ってしまったのだ。
 
 そして年の瀬に差し掛かり、監督人事が混迷すると、玉田稔社長は大熊強化部長を新監督に就任させることを決意した。
 
 クラブ内部からは「当初は(親会社の)ヤンマーからも、大熊さんの続投は反対されていたようです」という声が漏れる。そのような経緯があったため、最終的な決定は12月末にまでもつれた。
 
 強化部の意向を押し切る形で、大熊強化部長の新監督就任は決まったのだという。ここ2年、シーズン中に監督交代劇を演じているC大阪だが、今オフもまた監督選定は簡単にはいかなかった。
 
 果たして新シーズンのC大阪は柿谷、丸岡らタレントたちを活かすチーム作りをできるのか。その戦いには注目が集まる。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト7月25日号
    7月11日発売
    勢力図はどう変わる!?
    2019シーズン J1&J2
    最終順位 大予想
    柴崎&宇佐美ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月18日発売
    2019-2020シーズン
    ヨーロッパ主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    WCCFシリアルコード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ