• トップ
  • ニュース一覧
  • 好調・浦和レッズユースがプリンス関東で首位快走!“豪華なコーチ陣”に支えられてプレミア昇格へ突き進む

好調・浦和レッズユースがプリンス関東で首位快走!“豪華なコーチ陣”に支えられてプレミア昇格へ突き進む

カテゴリ:Jリーグ

河野 正

2023年05月07日

「誰が出場しても同じレベルで戦えるかが重要」

ベンチに居並ぶコーチ陣。右から平川コーチ、阿部コーチ、そして萩村監督だ。写真:河野正

画像を見る

 浦和は主力となる関谷輝と阿部水帆(ともに3年)の両MFが、開幕前にそろってひざのじん帯を断裂し長期離脱中。4月19日のルヴァンカップ1次リーグ第4節の湘南ベルマーレ戦で17歳4か月14日という、Jリーグの公式戦でクラブ史上最年少得点を決めたMF早川隼平は、トップチームへの帯同で第3節以降は出場していない。

 そんな状況でも首位にいる。主将の青柳仰(3年)は、「チームに一体感があります。試合に出ている出ていないに関係なく、チームが同じ方向を向いている」と解説し、「去年は悪い流れになると必ず失点したが、今年は攻められても耐えて踏ん張れる。ここが大きな違いです」と辛抱強さが備わったことに胸を張る。

 最下位だった21年のプレミアリーグは18試合で38失点。降格した昨季のプリンスリーグは18試合で27失点と、守備に弱点を抱えていたが、今季は見違えるような堅陣に生まれ変わった。

 三菱養和SCとの開幕戦を2-0で制すと、続く鹿島アントラーズユースには5-2で大勝。第3節では東京Vユースに2-0で快勝し、前節は桐生一高を6-0と圧倒した。
 
 今季は萩村新監督の下、昨季までトップチームを補佐した平川忠亮氏がコーチに就任。2年目の阿部勇樹コーチのほか、昨年までジュニアチームを指揮した金生谷仁コーチ、杉尾一憲GKコーチが高校生の指導に当たる。

 13年以来2度目のプリンスリーグに降格した昨季は、7勝2分け9敗で6位と低迷。初優勝した昌平高との勝点差は18あり、2位までに与えられるプレミアリーグ・プレーオフの出場権を獲得できなかった。

 前回13年の降格時は、プレミアリーグ復帰までに4シーズン費やした。内舘アカデミーダイレクターは、「誰が出場しても同じレベルで戦えるかが重要。今は早川が抜けても他の選手がしっかりできているので、これをずっと継続していきたい」と高い水準で戦力を保持することが、復帰へのカギを握るとした。

取材・文●河野 正

【選手権PHOTO】堀北・ガッキー・広瀬姉妹! 初代から最新18代目の凛美まで「歴代応援マネージャー」を一挙公開!

 
【関連記事】
浦和レッズでプロになった“早熟の天才”。28歳で現役を引退してからクラブ代表として辣腕を振るうまで
憧れた小野伸二、新卒開幕戦デビュー、24歳での引退、脱サラ…元浦和レッズ戦士、池田“ロボ”学が歩んだ波乱万丈の半生
「かっこいいよマジで」「アジアでの強さは本物」浦和、三度目のACL制覇にファン大喝采!「応援かっこよすぎた」
“育成の水戸”への挑戦。かつて浦和レッズで鳴かず飛ばずだった男がセカンドキャリアで名GMへと飛躍するまで
「今の彼が一番好きです」偉業を達成した山瀬功治と、鉄人を支えた姉さん女房の物語

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ