【セルジオ越後の天国と地獄】眠気を誘う前半、不可解な2ボランチ、アンフェアな競争、言い訳と勘違い……とにかくひどかったし、柏木がスペシャルだったわけじゃない

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェスト編集部

2015年11月18日

インパクトを残せた選手はほぼいなかった。

柏木が目立ったのは、ある意味で当たり前。ただ、2次予選の段階で評価を下すのは危険だよ。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 柏木だって、シンガポール戦に続いて、まずまずのプレーを見せたけど、もう少しレベルの高い相手と戦った時に、どれぐらいできるかで評価すべきだ。2次予選の段階で判断するのは危険だよ。
 
 それから、U-22代表にも名を連ねる遠藤は前半だけで交代して、南野は残り5分になってからようやく投入された。その一方で、ここ最近は調子の上がらない宇佐美は、相変わらず重用されている。これでフェアな競争と言えるのかは疑問だよ。
 
 その宇佐美にせよ、原口にせよ、香川にせよ、誰を交代させても一緒。ピッチに残った選手が活躍したわけでもない。柏木を入れた代わりに遠藤を下げたけど、それが山口でも大きな問題はなかった。乱暴な言い方をすれば、誰を交代させても良かった。それぐらい、インパクトを残せた選手はほぼいなかったということだ。
 
 慣れない人工芝でパフォーマンスが上がらなかった? 思い出してほしいね。前回対戦は埼玉スタジアムで戦ったけど、あそこは天然芝なのに、3-0で勝ったとはいえ、内容的には褒められたものではなかった。だから、所詮は言い訳に過ぎないんだ。実際、柏木は人工芝でも正確なキックを蹴れていたわけで、他の選手だって同じようにプレーできたはずだ。工夫が足りなかったと言わざるを得ないよ。
 
 ハリルホジッチ監督も今日の内容には満足していないはず。「何人かの選手には怒った」というような発言もあったけど、ちゃんと名前を出してほしいよね。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月23日号
    4月9日発売
    戦術&システムで
    読み解く
    J1&J2全40クラブの
    「10年史」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ