【藤田俊哉の目】本田不在時のスタイル探しは失敗… 柏木にはヤットの後継者になってほしい!

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェスト編集部

2015年11月18日

カンボジア戦で新たにスタメン起用されたメンバーのなかで合格点は藤春くらい。

カンボジア戦の前半が今ひとつの出来に終わったなか、後半開始から出場した柏木が出色のパフォーマンスで存在感を放った。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 11月17日のカンボジア戦は、かなり苦しんだけど日本の勝利に終わったね。
 
 最終予選に向けての“選考テストの場”として考えると、この試合でスタメン出場した選手にはなかなかシビアな結果となったんじゃないかな。
 
 先日のシンガポール戦と同様、対戦相手のレベルを考えると、日本が勝つのは既定路線だ。勝点1差で迫っているシリアとの試合以外は、つねに「テストマッチ」として捉えて問題ない。アジアのトップを走り続ける立場としてはテストをこなしながら勝点3を得ること、それはむしろノルマだね。
 
 シンガポールやカンボジアといった格下相手との試合でのチェックポイントは、概ねふたつに絞られる。ひとつ目は、「攻撃の形」もしくは「攻撃パターン」を作れているかどうかをチェックすること。そしてふたつ目は、「新戦力のパフォーマンス」をチェックすることだ。
 
 そうした視点で考えると……。カンボジア戦の最大のテーマは「本田(圭佑)不在のスタイル探し」だった。
 
 この日、ハリルホジッチ監督は、本田とともに長谷部もスタメンから外してきた。このふたりは日本の絶対的なリーダーとして欠かせない存在として、大事な試合では常にスタメンに起用してきた。このふたりをあえて外してきたのだから、慎重派の指揮官にとって大きなチャレンジだったと言えるだろう。
 
 しかし、それは残念ながら失敗に終わったように感じた。
 
 シンガポール戦からスタメン8人を入れ替えてきたけれど、そのなかで合格点を与えられるのは、左SBの藤春くらいだった。キャプテンマークを巻いてプレーした岡崎も、ドルトムントで完全に調子を取り戻した香川も、グループリーグ最下位のチーム相手だったら、もっと“違い”を生み出してほしかった、というのが僕の率直な感想だ。
 
 見た目以上に悪い人工芝のピッチや、新しいボールに慣れるのに苦しんでいたとはいえ、相手チームも同じ条件で戦っているのだから言い訳にはできない。結果としても、前半のスコアは0対0だったんだから、とりわけ攻撃陣には厳しい評価をつけざるを得ない。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ