【セリエA現地コラム】放出要員から牽引役へ。ローマ躍進を担う「爆速」ジェルビーニョ

カテゴリ:連載・コラム

片野道郎

2015年11月11日

大胆な路線変更がプラスに働いた。

ル・マンとリールでも師弟関係にあったジェルビーニョ(右)とガルシア監督(左)。時に「えこひいき」と指摘されるほど、厚い信頼で結ばれている。(C)Getty Images

画像を見る

 決定力のアップ以上に注目したいのが、昨シーズンまではまったくと言っていいほど見られなかった、守備における貢献だ。
 
 守りの局面でのジェルビーニョの「不在」ぶりは、チーム内でも以前から槍玉に挙がっており、それも放出要員にされた理由のひとつだと言われてきた。
 
 だが、首位攻防戦となったフィオレンティーナ戦(9節)やインテル戦(11節)では、自陣深くまで戻って中盤のラインに加わり、敵を追い回していた。
 
 この見違えるような献身ぶりの背景に、指揮官による説得があったことは容易に想像がつく。ジェルビーニョやサラーという単独プレーに走りがちなエゴイスティックな選手に持ち味を発揮させながら、守備意識も植え付けたことで、それまで「ガルシア叩き」を続けてきたマスコミも、手の平を返したように指揮官の手腕を評価し始めている。
 
 そのガルシア監督は、序盤戦の不安定な戦いぶりもあって、ここ1か月ほどは開幕当初のポゼッション&ハイプレス志向のスタイルを封印。自陣の低めの位置にコンパクトな守備ブロックを構築して、カウンターを狙うという戦術にシフトしている。
 
 この大胆な路線変更が、オープンスペースでのロングスプリントで絶対的な違いを作り出すジェルビーニョ、そしてサラーにとって、プラスに働いているのは明らかだ。
 
 11月24日には、チャンピオンズ・リーグでバルセロナとの大一番が待っている。ダービーで右足首を負傷したサラーは欠場が濃厚だが、ジェルビーニョが「爆速カウンター」でバルサ守備陣をきりきり舞いさせる場面を作れるか。見応えのある攻防が期待できそうだ。
 
文:片野道郎
 
【著者プロフィール】
片野道郎/1962年生まれ、仙台市出身。95年からイタリア北部のアレッサンドリアに在住し、翻訳家兼ジャーナリストとして精力的に活動中。カルチョを文化として捉え、その営みを巡ってのフィールドワークを継続発展させる。『ワールドサッカーダイジェスト』では、現役監督のロベルト・ロッシ氏とのコラボによる戦術解説や選手分析が好評を博している。
【関連記事】
【セリエA現地コラム】「イタリア的リアリズム」に根差したスタイルで結果を残すインテル
「今のシンジは非の打ち所がない!」特派記者が聞いた“KAGAWA”を大絶賛する現地ドルトムントの声
ミランが「自滅」のスコアレスドロー。途中出場の本田は攻守で一度ずつ明確な貢献
【連載】ミラン番記者の現地発・本田圭佑「チーム内での孤立を深めている」
現在得点ランキング首位! ビッグクラブも注目するFWヴァーディーを“相棒”岡崎慎司が語る

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ