• トップ
  • ニュース一覧
  • 【バイタルエリアの仕事人】vol.23 岩清水梓|パワーのある選手には要注意。いかに味方と連係してパスコースを遮断するか

【バイタルエリアの仕事人】vol.23 岩清水梓|パワーのある選手には要注意。いかに味方と連係してパスコースを遮断するか

カテゴリ:連載・コラム

手塚集斗(サッカーダイジェストWeb編集部)

2022年12月28日

浦和L戦で次に活かすべき課題が見えた

今季のWEリーグカップ決勝では決勝戦に進出。しかしPK戦の末に敗れ、タイトルを逃した。写真:滝川敏之

画像を見る

 ベレーザは今シーズン、リーグ開幕戦こそ勝利したものの、第2節の浦和L戦で3-5の敗戦。WEリーグカップ決勝に続き、浦和Lに大量失点で敗れたこの一戦で、岩清水は相手との“パワーの差”を感じていた。

――◆――◆――

 浦和に2試合連続で負けてしまったのは、ネガティブに捉えられてしまうかもしれないけど、もっと戦い方を工夫する部分など、次に活かすべき課題が見えたのは良かったと思っています。

 浦和は、ボールを回すのが上手く、フォワード陣も足が速かったり、良いパスを出せる中盤がいたり、代表レベルの選手が多くいる。特にパワーという意味では、自分たちと相手の身体の大きさがだいぶ違うと感じていて、それによって球際で潰されてしまうシーンが多かったんです。
 
 でも、それをも凌駕する力がベレーザにはある。相手のパワーに対して真正面から対抗するのではなく、自分たちの持ち味である運動量を使って、相手を走らせるとか、ストレートに考えるのではなく、視点を変える必要があると感じました。

 次に浦和と戦うのはシーズン終盤。それまでに自分たちも成長して、もしかしたらタイトルの懸かる重要な試合になっているかもしれないので、負けた分を返してやるという強い気持ちで臨みたいですね。ただ、先を見すぎるのではなく、まずは目先の一試合一試合で自信をつけていきたいです。

 個人としても、プロとしてやっている以上、もっと洗練されていて、判断が良く、ミスもないと思われるような選手にならないといけない。ベテランとして、チームメイトに試合中でも練習中でも細かくアドバイスをすることがありますが、そうは言ってもお互いがライバルですからね。もっと自分の良いところも出していきたいですし、「若い子に負けないぞ」みたいなスタンスでいますね。
 
【関連記事】
【バイタルエリアの仕事人】vol.10 小野伸二|「僕を目指してはだめ」黄金世代の“天才”が子供たちに伝えたい“努力”の重要性
【バイタルエリアの仕事人】vol.1 遠藤保仁|日本を代表する司令塔は攻守の重要局面で何を見ているのか?
【バイタルエリアの仕事人】vol.3 柿谷曜一朗|ナニワの天才が語る最重要エリアの魅力。手本にしている選手は…
【バイタルエリアの仕事人】Vol.17 パトリック|日本人とブラジル人で異なる“前への意識”。個々の判断と実践のススメ
【バイタルエリアの仕事人】Vol.22 大谷秀和|レイソル一筋20年で現役を全う。23歳から38歳までキャプテンを務めた男が心がけていたもの

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ