【高校サッカー】全代表校が決定! 明暗分けた「来季プロ入り内定&有望選手」の選手権予選

カテゴリ:高校・ユース・その他

サッカーダイジェストWeb編集部

2015年11月16日

U-18日本代表でも活躍する大津の二枚看板はG大阪に同時加入!

大津の攻守の二枚看板である一美和成(9番)と野田裕喜(5番)。ともにG大阪への加入が内定した。大津は爆発的な攻撃力を武器に全国大会出場を決めた。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

FILE
森島 (四日市中央工/3年/MF)
→サンフレッチェ広島内定
 
 今年はJ1広島の特別指定選手として登録されていたが、そのまま来季の加入が実現した。名門・四中工では1年時からレギュラーとして君臨し、国立でのプレーも経験。広い視野を活かした多彩なパスセンスと個の打開力で、決定的な仕事ができるボランチだ。三重予選では準決勝で三重を3-0で破ると、決勝では海星を4-2で撃破。2年ぶりの全国大会に駒を進めている。
 
 
FILE
一美和成(大津/3年/FW)
→ガンバ大阪内定
 
 高校2年の5月にCBからFWへと転向。それからわずか1年でU-18日本代表まで上り詰めた注目のストライカー。元々の足もとの技術、身体の強さに加え、徐々にFWとしての素質も花開きつつある。FWとしてのキャリアが浅いぶん、その将来性や伸びしろには大いに期待できるだろう。大津は順当に熊本予選を勝ち進み、濟々黌との準決勝では10対0の圧勝。決勝では東海大星翔との乱打戦となり、これを7-4で制して全国出場を決めた。
 
 
FILE
野田裕喜(大津/3年/DF)
→ガンバ大阪内定
 
 すでに高校2年時にJ2熊本の特別指定選手としてJ2リーグ戦のピッチに立ったCBは、3年となった今年も4試合に出場した。うち3試合は先発フル出場を果たすなど、同世代では桁外れの実力と経験値を持っている。U-18日本代表でも不動の存在となっているだけに、あとは大津での最後の大会で結果を残すのみ。夏のインターハイではベスト16と不本意な結果に終わっているだけに、全国の舞台で期するものはあるはずだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ