• トップ
  • ニュース一覧
  • 【バイタルエリアの仕事人】vol.20 千葉和彦|大事なのはいかに味方に“時間とスペース”を提供するか。オランダでの経験が活きている

【バイタルエリアの仕事人】vol.20 千葉和彦|大事なのはいかに味方に“時間とスペース”を提供するか。オランダでの経験が活きている

カテゴリ:連載・コラム

手塚集斗(サッカーダイジェストWeb編集部)

2022年09月29日

川崎のような相手にも戦えるチームになっていかないといけない

今シーズンからチームを率いる松橋監督。アルベル前監督のポゼッションサッカーを引き継ぎ、魅力あるサッカーを展開している。写真:徳原隆元

画像を見る

 松橋監督が志向する、ポゼッションサッカー。「サポーターも楽しんでくれているはず」と現在のスタイルに手応えを示す千葉は、バイタルエリアを有効に使って相手を崩し切るため、最終ラインからどう攻撃をサポートしていこうと考えているのか。

――◆――◆――

 ポゼッションサッカーというのは、どうしてもボールを握っているだけで満足してしまいがちになる。せっかくピッチの3分の2まで前進したのに、取られそうになったから、GKまで下げてしまうのでは意味がないんです。

 その不安が今の新潟にはない。センターラインをボールが越えた時に、周囲の選手が前に走り出すタイミングなどの共通理解は、今シーズン、手応えを感じています。
 
 チームの攻撃をサポートするためにセンターバックとして自分が大事にしているのは、いかに味方に時間とスペースを提供するかという部分です。

 最終ラインで繋いでいる時に、自分の前にスペースを見つけたら、積極的にドリブルで運んで、相手を引き付けてからパスを供給する。それによって、相手の陣形が崩れて、バイタルエリアにも有効なスペースが生まれるし、敵陣でボールを持てる時間も増える。どう時間とスペースの“貯金”を作って、前の選手に効果的なボールを供給できるかを考えながらプレーしています。

 なかでも、フロンターレは、特にバイタルエリアを使うのが上手いなと思います。最後の崩しや、3人目の連係などのレベルが非常に高い。もし対戦するなら、家長(昭博)選手が体調不良で試合に出ないのを願いますね(笑)。

 それは冗談で、今年の新潟は攻撃で特長のあるチームなので、川崎のような相手にもしっかり攻撃で自分たちの良さを発揮し、戦えるチームになっていかないといけないですよね。
 
【関連記事】
【バイタルエリアの仕事人】vol.20 千葉和彦|新潟はプロにしてもらったチーム。サポーターにはJ1で戦っている姿を見せて恩返ししたい
【バイタルエリアの仕事人】vol.10 小野伸二|「僕を目指してはだめ」黄金世代の“天才”が子供たちに伝えたい“努力”の重要性
【バイタルエリアの仕事人】vol.3 柿谷曜一朗|ナニワの天才が語る最重要エリアの魅力。手本にしている選手は…
【バイタルエリアの仕事人】vol.1 遠藤保仁|日本を代表する司令塔は攻守の重要局面で何を見ているのか?
【バイタルエリアの仕事人】Vol.14 青山敏弘|「もう一度Jリーグで勝負できる選手に…」プロ19年目のワンクラブマンを支えた武器と恩師の教え

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ