【なでしこジャパン 0-0 中国|採点&寸評】スコアレスドローも大会連覇を達成! MOMは右サイドとトップで躍動した千葉

カテゴリ:女子サッカー

渡邊裕樹(サッカーダイジェストWeb編集部)

2022年07月26日

千葉は攻守両面での1対1に勝利

中国戦ではノーゴールも、攻守で運動量と当たりの強さを生かして、存在感を発揮した千葉。写真:早草紀子

画像を見る

MF
16 林穂之香 6.5
適切な配球で日本ペースを維持することに貢献。相手を背負いながらの粘り強いパスも魅力。

10 長野風花 6.5
20分のシーンではミスもあったが、ボールを自ら拾い直してミドルシュート。高い位置でボール奪取するなど、存在感を発揮した。

7 宮澤ひなた 6
12分に強烈なミドルシュートを放つなど、攻守の切り替えの良さを披露。しかし、ファイナルサードで違いを見せる回数は限られた。
 
MAN OF THE MATCH
15 千葉玲海菜 6.5(80分OUT)
攻守に1対1の局面で強さを発揮。59分にはペナルティエリア内でフリーのところにボールが来るが、シュートはゴール外へ。運動量と当たりの強さでこの試合一番のアピールに成功した。スタートは中盤右サイド、途中から2トップの一角に入り、両ポジションで頼りになるパフォーマンスだった。

FW
13 井上綾香 6(65分OUT)
19分の持ち上がりからの展開は視野の広さを披露。プレスバックでも存在感を発揮した。

19 植木理子 5.5(90+2分OUT)
周囲との連動した動きは良く、プレスバックにも奮闘。しかし、良い形でボールを受けられず。50分には一瞬の隙をついてクロスバー直撃の惜しいシュートも。ただフィニッシャーとしての役割は全うできなかった。
 
【関連記事】
タクシー運転手が“お礼”に激怒したノイアーの「財布忘れ事件」に新展開!守護神が贈ったユニを約14万円で買い取ると申し出たのは、なんと…
「怒りを露わにした」メッシがS・ラモスのプレーに苛立って詰め寄る姿に海外反響!「イライラして睨みつけた」
「まじかよ!」「同じ人間か…」元なでしこ永里優希が披露した“上半身裸の肉体美”にファン感嘆!
「女性の場合、試合前の“夜の営み”は普通。でも…」ロシア女子代表GKの赤裸々発言が大反響!過去には「最も美しい20人のアスリート」に選出
「ジダンみたいや!」なでしこ長谷川唯が魅せた“超絶マルセイユターン”からの一撃にファン喝采!「綺麗にハマったな」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよJ開幕目前!
    2月9日発売
    2023シーズン
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想や見所など総点検!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ