【J1採点&寸評】柏0-0福岡|両チームの堅守が光る一戦に。MOMはファンマ&ジョン・マリを封じた高橋祐治!

カテゴリ:Jリーグ

鈴木潤

2021年11月21日

柏――統率された福岡のブロックを崩せず

22 ドッジ 6
機動力を活かしてボールを運びながらプレーメーカーとしてパスを振り分ける。ケガから復帰3戦目で徐々にコンディションも上がってきた様子。

33 仲間隼斗 6(85分OUT)
マイボールになった瞬間にスペースへ出ていくなど常にハードワークを貫く。17分のボレーシュートは数少ないチャンスだったが、ヒットせずにGKにキャッチされた。

FW
19 武藤雄樹 6(79分OUT)

統率された福岡のブロックの中でわずかなスペースを見つけ、味方からパスを引き出す。得点という仕事はできなかったが、潤滑油の役目は果たしていた。

9 クリスティアーノ 6
エアバトルではカルロス・グティエレス、ドウグラス・グローリとのバトルに屈したが、後半はダイナミックなプレーで攻撃を活性化。サイドに流れて起点も作った。
 
交代出場
FW
18 瀬川祐輔 −(79分IN)

ライン間で受ける動きと、背後へ抜けてゴール前に入る動きを使い分け、終盤の攻撃に得点の可能性を感じさせた。

MF
28 戸嶋祥郎 −(83分IN)

投入直後、敵陣深い位置で前を向いて運んだ場面はチャンスになりかけたが、裏抜けした瀬川に縦パスを入れるタイミングを見出せなかった。最後は献身的な守備で相手にプレッシャーをかける。

FW
39 神谷優太 −(85分IN)

限られた出場時間ではあったが、アディショナルタイムにはボックス内で鋭いボールを折り返し、見せ場を作った。

監督
ネルシーニョ 6

前半は福岡の圧力を受ける場面が多く、攻撃でも単調なロングボールが目立ったが、ハーフタイムに修正を施し、後半は堅い守備とカウンターで流れを引き寄せる。ただ、一進一退の攻防が続いたため、交代策では動きにくい状況だったか。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 
【関連記事】
「タキにどれほど満足しているか」待望の本拠地初ゴールを奪った南野拓実をクロップ監督が絶賛!「非常に重要な存在」
世界に衝撃!「心臓の問題」で離脱中のバルサFWアグエロ、現役引退を決断と現地報道!来週の会見で正式発表か
「ミトマを連れ戻せ!」三笘薫の代表戦躍動で保有元ブライトンのファンが早期復帰を熱望! 「彼は神だ」
【J1残留争い】横浜FC、仙台、大分のJ2降格が決定… 17位徳島、16位清水、15位湘南 三つ巴の争いへ
【ACL出場権争い】大迫&イニエスタ弾で勝利の神戸と3発快勝の名古屋の一騎打ちに!鹿島、浦和が脱落

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ恒例企画
    1月26日発売
    2023年度版
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    各スカッドの期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ