【岩本輝雄】シーズン最終盤で地力を高めてきたヴィッセルの充実ぶり。俊輔の存在価値も改めて再確認

カテゴリ:連載・コラム

岩本輝雄

2021年11月21日

FKを蹴る時は、会場がグッと盛り上がった

わずかなプレータイムでも存在感を示した俊輔。まだまだトップレベルでやれるはずだ。写真:滝川敏之

画像を見る

 GKからトップまで、ヴィッセルは軸がしっかりしている。真ん中が堅い。さらに、攻守両面で頼りになる酒井のような選手もいる。こういうチームは強いと思う。

 ヴィッセルは10月に入ってから負けていない。6試合で5勝1分。結果がついてきていることで、勝ち慣れているチームのオーラを醸し出している。順位は3位で、2位のマリノスを勝点5差で追っている。残り2試合、今の調子をキープできれば、ひっくり返せるかもしれないね。
 
 一方の横浜FCは、この神戸戦の敗戦でJ2降格が決まってしまった。残念な結果になったけど、目を引いたのは、終盤に途中出場した俊輔だ。限られたプレータイムのなかでも、よくボールに触っていたし、存在感があった。

 どんなチームにも制約はあるんだろうけど、それでも俊輔にはある程度、自由を与えたほうがいいね。そのほうが彼の良さが活きるし、実力的にもまだまだトップレベルでやれるはずだ。

 この日は三ツ沢に7000人近くのファン・サポーターが集まった。俊輔がFKを蹴る時は、会場がグッと盛り上がった。それだけの期待を集められる選手であることを、改めて証明してみせたんじゃないかな。

【PHOTO】スタジアムを盛り上げたヴィッセルセレイアを特集!
 
【関連記事】
世界に衝撃!「心臓の問題」で離脱中のバルサFWアグエロ、現役引退を決断と現地報道!来週の会見で正式発表か
「どうして日本は彼に頼らないのか」英メディアが森保采配を疑問視! 積極起用を提言した選手は?「使えばもっと良いチームになるのに…」
「タケにはチーム内で苦情がある」久保建英と36歳主将の“知られざる関係”を番記者が明かす!「降格したら出て行って…」【現地発】
「イニエスタと相性良くない?」ヴィッセル武藤嘉紀が圧巻の6戦5発!「Jだとガチ点取り屋」
まさにワールドクラス!神戸がイニエスタvsドウグラスのハイレベルなシュート対決を公開

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ恒例企画
    1月26日発売
    2023年度版
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    各スカッドの期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月19日発売
    欧州ビッグクラブ
    「強化戦略2023」
    アルゼンチン代表特集に
    キング・ペレ追悼企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ