【岩本輝雄】シーズン最終盤で地力を高めてきたヴィッセルの充実ぶり。俊輔の存在価値も改めて再確認

カテゴリ:連載・コラム

岩本輝雄

2021年11月21日

軸がしっかりしている。真ん中が堅い

イニエスタの技巧を堪能。シンプルなプレーでチームに好循環を生み出していた。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 勢いとかではなく、地力が高まってきた印象がある。盤石の強さ。シーズンの最終盤にきて、ヴィッセルの戦いぶりは充実しているね。

 11月20日、敵地での横浜FC戦。序盤にイニエスタのスルーパスから大迫が先制点をゲット。その大迫が取ったPKをイニエスタが確実に決めて、前半だけで2点のリードを奪う。後半は追加点こそ奪えなかったけど、横浜FCの反撃をシャットアウト。危なげなくゲームを終わらせた。

 なによりもイニエスタを見たくて、三ツ沢に足を運んだ。分かってはいたけど、やっぱり格が違うよね。一つひとつのプレーがシンプル。余計なことはしない。たとえば、アクションを起こした選手に正確なパスを通す。ただそれだけ。先制点の場面がまさにそうだけど、当たり前のことを、当たり前にこなしてみせる。

 バルサ時代のイニエスタを見た時も、サッカーってこんなに簡単なんだ、と思った。フリーになる、パスを受ける、取られないようにキープする、パスを出す、枠にシュートを打つ。何も特別なことはしていない。派手さはないかもしれないけど、ミスなく、やるべきことを淡々とこなす。結果、チームはうまく回る。それをJリーグのピッチでも披露。前半だけで退いたけど、ワールドクラスのプレーを存分に堪能できた。
 
 イニエスタ以外では、大迫と武藤がフィットしてきたことも、現在の好調を支える要因のひとつだと思う。2トップを組んだふたりは、距離感が良く、お互いの役割も整理されていて、息の合った連係を見せていた。どちらもボールを収められるから、前線の基準点としても機能していた。

 中盤では、サンペールと山口が効いているね。サンペールはテンポの良いパスさばきで好リズムを作り出す。守備に回れば、山口とともにバランス良く網を張りながら、ピンチの芽を即座に摘み取る。

 最終ラインではフェルマーレンがどっしりと構えて、菊池は持ち前のアグレッシブさで相手を潰しまくる。最後尾では経験豊富な飯倉が安定感あるセービングに加えて、ビルドアップでも良質な配球を見せる。
 
【関連記事】
世界に衝撃!「心臓の問題」で離脱中のバルサFWアグエロ、現役引退を決断と現地報道!来週の会見で正式発表か
「どうして日本は彼に頼らないのか」英メディアが森保采配を疑問視! 積極起用を提言した選手は?「使えばもっと良いチームになるのに…」
「タケにはチーム内で苦情がある」久保建英と36歳主将の“知られざる関係”を番記者が明かす!「降格したら出て行って…」【現地発】
「イニエスタと相性良くない?」ヴィッセル武藤嘉紀が圧巻の6戦5発!「Jだとガチ点取り屋」
まさにワールドクラス!神戸がイニエスタvsドウグラスのハイレベルなシュート対決を公開

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022 Jリーグ総決算!
    11月26日発売
    2022 J.LEAGUE
    総集編
    J全58クラブの
    1年間の激闘を収録!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    11月5日発売
    稀代のファンタジスタ
    中村俊輔
    引退特集号
    特大ポスター付き
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 3年ぶりのJ1制覇!!
    11月10日発売
    J1優勝特集
    横浜F・マリノス
    喜田&水沼対談に
    J1 BEST PLAYERSも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月1日発売
    カタールW杯出場組が主役に!
    冬の移籍市場
    徹底リサーチ2023
    恒例卓上カレンダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.37
    12月6日発売
    冬の決定版!
    高校サッカー
    選手権名鑑
    出場全48校&選手を徹底網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ