「いや、日本人は控えめだけど…」なぜ吉田麻也はすぐカルチョに適応し、信頼を勝ち取れたのか。感謝した元日本代表監督は?

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年10月23日

「日本人のメンタリティのおかげか」と問われ…

いまやサンプドリアのDFリーダーとなった吉田。(C)Getty Images

画像を見る

 サンプドリアに所属する吉田麻也は、長年にわたってヨーロッパのサッカー界で研鑽を積んできた。その中で、異なる文化の様々を積極的に吸収してきたことは、見事なリーダーシップを発揮する頼れるキャプテンとなった一因かもしれない。

 2019-20シーズンの冬のマーケットでサウサンプトンからサンプドリアに移籍した吉田は、新型コロナウイルスの影響による試合延期やリーグ中断というアクシデントも乗り越え、イタリアの地で確かな地位を築いていった。

 デビュー当初からイタリア語でインタビューに応じ、サンプドリアの本拠地ジェノバの方言も織り交ぜてサポーターのハートをわしづかみにした。以降もたびたび、イタリア語やジェノバ弁を駆使する姿に賛辞が寄せられている。
 

 10月22日のイタリア紙『Gazzetta dello Sport』のインタビューで、ジェノバに馴染んだ秘訣は「日本人のメンタリティのおかげか」と問われると、日本代表DFは「いや、マヤのおかげさ!」と返した。

「僕の国の文化によるわけじゃない。日本人はより控えめだけど、僕はオランダ、イングランド、イタリアと、欧州でもうほぼ10年暮らしてきた。元監督の(アルベルト・)ザッケローニがイタリア・サッカーのスタイルを教えてくれたよ。それとコロナ禍の中断が、僕が溶け込む役に立ったね」

 国外生活が長い吉田は、「オープンなメンタリティを持つことが重要だ」と続けている。

「僕はサッカーや食べ物だけではなく、いつも新しい何かにトライしたい。ハートがオープンなんだ。ジェノバにはサッカーをしに来たのだけど、君たちの文化を学ぶことも目標だよ」

 こういった姿勢が、周囲の信頼を一身に集める人間性を育んでいったのだろう。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】サウジファンの差別的ジェスチャーに激昂し、客席に詰め寄る吉田麻也

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

【関連記事】
「この事件は後味が悪い」吉田麻也を激昂させた差別的行為の“犯人”に驚き。元サウジ代表は「後悔しているだろう」
「クボは温かい」久保建英の韓国人ファンへの“神対応”に韓国のメディア&ファンも注目!「この国でも人気がある」
「#サウジアラビアのファンは日本に謝罪します」吉田麻也が激怒した“差別的行為”に敵国でハッシュタグ運動が拡大!「国民の間で怒りの波を引き起こす」
「レベルは…別世界だ」ベルギー代表、カラスコが中国サッカーを痛烈批評!「パスは要求しないと出てこないよ」
「やはり彼なのだ」長谷部誠のプレーを現地メディアが称賛! 3バック中央で先発したELオリンピアコス戦で存在感

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ