「やはり彼なのだ」長谷部誠のプレーを現地メディアが称賛! 3バック中央で先発したELオリンピアコス戦で存在感

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年10月22日

「相手に何もさせなかった」

キャプテンマークを巻いてフル出場し、今季3勝目に貢献した長谷部。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間10月21日に行なわれたヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ第3節で、長谷部誠と鎌田大地が所属するフランクフルトは、ギリシャのオリンピアコスと対戦。両選手はともに先発し、前者は守備、後者は1ゴールを挙げ、勝利に貢献している。

 スコアラーであるラファエル・ボレと鎌田に劣らずの高評価を得たのが、3バックの中央で守備陣を統率した37歳の長谷部だ。現地紙『Frankfurter Rundschau』は、4段階評価で最も高い「良くやった」を付与し、このような寸評を添えている。

「ヘルタ・ベルリン戦(●1-2)よりも明らかに集中していた。ほとんどのデュエルに勝利し、多くの攻撃を簡単に切り抜けた。これこそが彼が広く知られる理由だ。やはり彼なのだ。今回のようにレフェリーともコミュニケーションを取りながら、適切な手段を見つけることができる。チームにはそれが必要なのだ」

【動画】オリンピアコス戦で鎌田がダメ押しの3点目! 今季ホーム初白星を手にした一戦のハイライトをチェック
 また、現地メディア『Sportschau』も、この働きぶりを称賛。「守備面では(マルティン・)ヒンターエッガ―と古株の長谷部が目立った。いくつかのカウンターとPKを取られたチームのプレーを除けば、フランクフルトのDFは相手に何も許さなかった。前の試合の印象からは考えられなかったような出来だ」と綴っている。

 この勝利でフランクフルトは勝点を7に伸ばし、折り返し時点でグループDの首位に立った。2週間後にはアウェーでオリンピアコスとの再戦が控えている。今夏に就任したオリバー・グランスナー監督の下、少しずつ歯車がかみ合い始めたフランクフルト。このままグループ2位以上をキープし、決勝トーナメント進出を果たせるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】ブンデスリーガの21-22シーズン、新キットに注目! 長谷部誠、鎌田大地、遠藤航らサムライ戦士がドイツで躍動
【関連記事】
「一流の選手だと証明した」今季初ゴールの鎌田大地をフランクフルト地元紙も絶賛!「この日本人選手は瞬発力があり、冷静」
「マコトの凄さは知っていたが…」先発復帰した長谷部誠を、フランクフルト監督が改めて称賛! ファンからは"起用継続"を望む声
「わからん? わかるでしょ」本田圭佑が長谷部誠との“口論”を回顧! 「価値観が合わないのは…」
「人柄も良いとか非の打ち所がない」久保建英、韓国人ファンのまさかの要求への“神対応”に反響! 「なに、このほっこりする動画」
「これほど良い選手とは…」古橋亨梧が現地メディアの“今季のベスト補強候補”に選出!「彼以上のロケットスタートをした者はいない」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ