浦和内定の京都橘FW木原励が高校No.1ストライカーと呼ばれる所以は?プロも唸らせる「動き出し」と「成長力」

カテゴリ:Jリーグ

森田将義

2021年10月20日

「慣れて貰えれば、時間がかからずに活躍してもらえるんじゃないか」

木原(右)と京都橘の米澤監督(左)。写真提供:京都橘

画像を見る

 来季から浦和レッズに加入する京都橘のFW木原励(3年)の入団内定会見が19日に行なわれた。会見には木原、米澤一成監督、安田文彦校長、西野努テクニカルダイレクターが出席。木原は「自分が小さい頃から、浦和レッズは優勝争いをしている、日本を代表するチーム。世界も相手にして戦っているのを見て、このチームでやるということは日本を代表する選手ということだと思っています。もっと頑張らないと、と思ってこれからもやっていきたい」と意気込みを口にした。

 今年の高体連No.1ストライカーとの声もある木原は、セレッソ大阪U-15出身。当時から、スピード、フィジカル、サイズが揃ったオールマイティなFWとして評価されていたが、高校入学後はひとつ上の西野太陽(現・徳島ヴォルティス)らから刺激を受け、より完成度の高い選手へと成長を遂げた。

「身体の向きとかボールのもらい方は天性の物なのか、学んだ物なのかは分かりませんが、スムーズにボールを受けて、自分で抜け出すような身体の使い方ができる。なかなか見られない素養だと思いますので、力強さ、プロの激しさに慣れてもらえれば、時間がかからずに活躍してもらえるんじゃないかと思ってます」そんな西野TDの言葉からも、期待の高さが窺える。
 
 高校2年生の夏から木原を注視してきた長山郁夫スカウトが、評価するのは動き出しの部分。「常にボールを受ける前に考えていて、相手の立ち位置とかを見ながら動き出しできる。その動き出しのバリエーションが多くて、一番の武器になっている。将来的にはセカンドストライカーとして活躍すると思う」と口にする。姿を重ねるのは、浦和から柏レイソルに移籍した武藤雄樹だという。

 現在の浦和の攻撃陣には、元デンマーク代表のキャスパー・ユンカー、J1歴代3位の得点数を誇る興梠慎三、移籍直後から活躍する江坂任などがいる。この夏には海外での経験が豊富な大型の木下康介もチームに加わった。彼らが、木原がプロの世界で活躍するために越えなければいけない壁だが、さらに成長するための良い教材となっている。

「それぞれの選手に違う良さがあって、自分が目指すべき選手が多い。いろんな物を凄く吸収させてもらえました。興梠選手だったら、受け方とか抜け出し方とか動き方が凄く上手くて、自分もそこを長所としてやっているので、もっと吸収したいという気持ちになりました。ユンカー選手は凄くシュートが上手くて、速いし、強い。試合で見ると、なんでそこにいるんだろうというか、結果を残せる場所にずっとポジションを取っているので、そうした選手から早く色んな物を吸収したいと思いました」
 
【関連記事】
青森山田のMF松木、柏U-18のDF田中、興國のFW永長…来季“即戦力”候補の加入内定者5選!
大舞台で先輩たちをも叱責、昨冬は単身渡仏…FC東京に内定した青森山田MF松木玖生とはいかなる選手なのか?
「素敵なお姉さま」大宮V・仲田歩夢のエレガントな“黒ワンピ姿”にファン歓喜!「やば可愛い」
「ワールドクラスの動きだ」古橋亨梧の“完璧トラップ弾”をポステコグルー監督が激賞!「彼には才能がある」
「トミヤスは本当にいい引き立て役だ」冨安健洋を辛口のG・ネビルが絶賛! クラブ史上最高額DFが活躍できるのは「彼のおかげ」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月7日発売
    2022-23シーズン到来!
    新・主役候補TOP50
    話題沸騰のタレントを一挙公開
    カタールW杯ガイドブックも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ