【岩本輝雄】ヴォルティス鈴木徳真のサッカーセンスと、コンサドーレの充実ぶりに感服した横浜での“ひとりダブルヘッダー”

カテゴリ:連載・コラム

岩本輝雄

2021年10月19日

クレバーでキラリと光るサッカーセンスの持ち主

絶妙なポジショニングでヴォルティスのポゼッションを支えた鈴木。今後のさらなる飛躍が楽しみな選手だ。写真:徳原隆元

画像を見る

 代表ウィークが終わって、久々のJリーグ。先週の土曜日は、まずは三ツ沢で横浜FC対ヴォルティスを見て、すぐに日産スタジアムに移動してマリノス対コンサドーレを観戦。DAZNの放送の関係もあるのだろうけど、同じ市内での時間差開催は、サッカー好きからすれば、“はしご”できるからありがたいね(笑)。

 チケットを買って、スタジアムに行って、サッカーを見る。まだいろいろと制限があるなかでも、少しずつ“日常”が戻ってきたことの幸せ、喜びをかみしめながら、Jリーグを堪能してきたよ。

 横浜FC対ヴォルティスのスコアは5-3。両チーム合わせて計8つのゴールが生まれる打ち合いを制したのは、横浜FCだった。

 これだけ多くのゴールが生まれて、しかもホームチームが勝利。スタジアムに駆けつけたサポーターの人たちも喜んだはず。横浜FCがリードして、ヴォルティスが追いついて、横浜FCが突き放す。そんなスリリングな展開のなかで、強く印象に残った選手がいる。ヴォルティスの23番、ボランチの鈴木徳真だ。

 とにかくポジショニングが抜群に良い。4-4-2のヴォルティスはビルドアップのとき、両SBが開き気味になるけど、そこまで高い位置は取らない。鈴木は主に左サイド寄りで、SBのジエゴと、サイドハーフの西谷のちょうど中間地点にポジションを取って、起点になる。相手のFWの背後に“もぐる”ように、でも相手の中盤に捕まらない絶妙な位置取り。そこでひとつポイントを作って、ボールの流れをスムーズにする。

 自陣でボールを出し入れしながら、チーム全体が前に進めば、今度は敵陣では相手の3バックとダブルボランチの間にすっと入り込む。そのポジショニングも、相手DFが前に出てこられず、それでいて相手のボランチの死角になるような場所。非常に賢い選手で、キラリと光るサッカーセンスの持ち主だと思った。ボールタッチも正確だし、横浜FCの選手からすれば、相当にやっかいだったはずだ。
 
 後半からサイドハーフで投入された宮代も、外で張らず、中に絞ってきて、フリーになれる場所に立つ。鈴木と宮代、この2人の存在が、ビハインドを背負っていたヴォルティスを活気づけ、1-3から同点に追いつく反撃を力強く支えていた。

 でも、その後に4点目、5点目を取られてしまうあたり、ヴォルティスの現状の課題が見てとれた。たしかに、勝負を決定づける横浜FCの4点目となった高木の強烈ミドルは相手をほめるしかない代物だったけど、守備面の修正は急務ではないだろうか。

 スペイン人指揮官のもと、組織的でモダンなサッカーができているだけに、それを結果につなげるための作業が必要になってくると思う。

【サポーター PHOTO】豪快な打ち合いを堪能した横浜FC・徳島サポーター
 
【関連記事】
【J1採点&寸評】横浜FC5-3徳島|MOMは2得点の助っ人FW!徳島の点取り屋も2ゴールで存在感を発揮
【J1採点&寸評】横浜2-1札幌|MOMは劇的な決勝弾を挙げたトップスコアラー! 札幌は終盤の采配が裏目に…
「プレミアの変態FWみたい」マリノス前田大然の逆転弾に喝采!「完璧な場所でシュート」
J初ゴールは「タイガー・ウッズのようなイメージ」徳島の陽気な助っ人が上昇気流を巻き起こす!
「出番が来たら絶対に決めてやると」横浜・杉本健勇がチームを救う魂の同点ゴール! 途中出場での得点に確かな自信

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ