【J1採点&寸評】浦和1-1G大阪|この日の主役はPKを決めた江坂でもパトリックでもなく…

カテゴリ:Jリーグ

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2021年10月16日

浦和――山中が大きな存在感を放つ

【警告】浦和=なし 大阪=山本(43分)、倉田(56分)、菅沼(90分)、パトリック(90+4分)
【退場】浦和=なし G大阪=なし
【MAN OF THE MATCH】東口順昭(G大阪)

画像を見る

[J1第32節]浦和1-1G大阪/10月16日/埼玉

【チーム採点・寸評】
浦和 5.5
ほとんどの時間帯で相手を押し込み、再三チャンスを作り出したものの、奪ったのはPKによる1点のみ。決定力不足を露呈し、もったいなさが残るドローに。

【浦和|採点・寸評】
GK
1 西川周作 6
ピンチ自体が少なく、見せ場は少なかった。パトリックのPKではあと数センチ届かなかったが、流れの中では集中していた。

DF
2 酒井宏樹 6.5
この日もさすがの貫録を見せつける。何度も右サイドをオーバーラップし、攻撃に厚みを加えれば、守備もソツなくこなした。

28 アレクサンダー・ショルツ 6.5
パトリックとの1対1で対人戦の強さを証明。特に65分のディフェンスは見応えがあった。時折見せる攻め上がりも迫力があった。

4 岩波拓也 5.5
ビルドアップのクオリティは高く、対人でも安定していた。しかし……終盤に痛恨のハンドでPKを献上と、ツキがなかった。

6 山中亮輔 6.5(70分OUT)
自慢の左足のキックをいかんなく発揮し、前半から何度もビッグチャンスを演出。ゴールにつながらなかったのは残念だったが、大きな存在感を放った。
 
MF
41 関根貴大 5.5(78分OUT)
狭いエリアでも積極的に仕掛けて打開を図ったが、決定的なチャンスにはなかなか絡めなかった。12分のヘディングは決めたかった。

40 平野佑一 6
チームの後方からバランスを取ったのは素晴らしい。55分のように自らゴールを狙っていく姿勢がもっと見られれば、もっと評価は高かった。

29 柴戸 海 6.5(70分OUT)
スペースを埋める動き、ボールホルダーへのチェックが際立って素早かった。パス捌きも的確だった。

24 汰木康也 5.5(78分OUT)
動き出しは秀逸だが、シュート精度は反省材料。60分にはGKと1対1の場面を迎えるも、相手GKにストップされた。
 
【関連記事】
「この事件は後味が悪い」吉田麻也を激昂させた差別的行為の“犯人”に驚き。元サウジ代表は「後悔しているだろう」
本田圭佑が“一番上手い”と感じた日本人選手は?「パッと出てくるのは…」
【セルジオ越後】森保監督のクビは繋がったかもしれないが…点が取れないFWはまだ使われることになるの?
「彼がスタメンじゃなくて驚いた」本田圭佑の日本代表に関する発言を英紙が報道!「なぜもっと使われないのか…」
「選手って何持ってるの?気にならん?」槙野智章がゲーム前泊時の持ち物を公開! キャリーバッグやポーチの中身は…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ