【日本代表考察】岡崎慎司と浅野拓磨の共通点――熾烈な最終予選で、W杯の出場権獲得以外に求められること

カテゴリ:日本代表

浅田真樹

2021年10月07日

五輪を経験、最終予選で成長、本大会でブレイク

18年のロシアW杯出場権獲得に貢献した浅野。当時の経験は今に活きているという。写真:金子拓弥 (サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 2010年南アフリカ大会と2018年ロシア大会。日本はそれぞれのワールドカップの最終予選で、最終的に勝って本大会出場を決めている。

 南アフリカ大会の時はアウェーのウズベキスタン戦で1−0、ロシア大会の時はホームのオーストラリア戦で2−0と勝利し、歓喜の(と同時に、安堵の)瞬間を迎えた。

 実は、このふたつの“ワールドカップ出場決定試合”には、ある共通点が存在している。いずれの試合も、オリンピック世代の選手が決勝ゴールを決めていることだ。

 2010年南アフリカ大会の最終予選では、2008年北京オリンピックに出場した岡崎慎司が、2018年ロシア大会の最終予選では、2016年リオ・オリンピックに出場した浅野拓磨が、それぞれ決勝点となる先制ゴールを決め、日本をワールドカップ出場に導いている。

 後者の試合で言えば、貴重な追加点を叩き出したのも、リオ・オリンピック世代の井手口陽介である。彼らの活躍については当時の日本代表キャプテン、長谷部誠も「このような大舞台で結果を出せるのは頼もしい」と話していた。

 最終予選の厳しさや難しさについては、今さら言うまでもないだろう。日本をどうにか出し抜こうと、あの手この手で挑んでくる相手を蹴散らしながら、その一方で、自らは世界を見据えた強化を続けていかなければならない。これを同時並行で進めるのは、相当に難易度が高い。
 
 だからこそ、そこでは過去の事例が示すように、新戦力の台頭が求められるのである。

 オリンピックを経験した選手がA代表に加わり、最終予選の戦いに勢いを与え、ひいては最終予選を経験して成長した彼らが、ワールドカップ本大会で大ブレイクを遂げる。そうした循環を作り出せれば理想的だ。

 だとすれば、来年カタールで開催されるワールドカップへ向けて、期待されるのは東京オリンピック世代の選手たちである。

 森保一監督がふたつの代表チームの監督を兼任し、「1チーム2カテゴリー」で活動してきたこともあって、東京オリンピック世代にはA代表経験者が数多い。A代表でも不可欠な存在となっている冨安健洋を筆頭に、久保建英や堂安律といった選手も、すでに主力に近い存在と言えるだろう。
 
【関連記事】
「代表に復帰できると思う」本田圭佑が“元日本の10番”の復活に太鼓判!「ドリブルの質はトップクラス」
「古橋亨梧にサウサンプトンが興味」と報じた伊メディアを、英国サイトが痛烈批判!「キョウゴの“物語”は軽蔑に値する」
サウジ&豪州との2連戦に挑む日本代表26人のコンディションチェック!【W杯最終予選】
サウジ戦の推奨スタメンは?|堂安は効果的な一手に。体力勝負となる終盤の切り札は…【記者の視点】
東京五輪で左SBを託された中山雄太はA代表に定着できるか? 好循環を生み出すピッチ外での地道な努力

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ