「なぜハーランドではなくミナミノを選んだのか」南野拓実の獲得は“ギャンブル”だったとリバプール地元紙が見解!「一部のファンには謎のままだ」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年10月02日

「ハーランドのような超人でない限り…」

ザルツブルクで同じ釜の飯を食った南野とハーランド(右)。(C)Getty Images

画像を見る

 リバプールの補強ターゲットとして取り沙汰されているのが、レッドブル・ザルツブルクのFWカリム・アデイェミだ。

 ここまでオーストリア・リーグで9戦7発と爆発し、先月にドイツ代表デビューを飾った19歳の獲得について、リバプールの地元紙『Liverpool Echo』は、同じくザルツブルクからレッズに加入した南野拓実の現状に着目。次のように綴っている。

「2019年のチャンピオンズ・リーグのグループステージで、レッドブル・ザルツブルクと対戦した後、レッズが選択したのはミナミノだった。アーリング・ハーランド(現ドルトムント)ではなかった理由は、一部のリバプール・ファンにとって謎のままだ」

 同メディアは、「たしかに、ザルツブルクがアンフィールドで3‐4で敗北した試合で、日本代表戦士はユルゲン・クロップ監督に感銘を与え、サポーターやリバプールの選手でさえ、試合が終わった後に、クラブに獲得に動くように促した」と伝え、こう続けている。

「後から言うのは簡単だが、アンフィールドでの影響が彼のコントロールを超えた理由で限られていることを考えると、ミナミノの獲得はリバプールにとってギャンブルだった」

【動画】今シーズン初出場で南野が爆発!圧巻の2ゴールをチェック
 南野がリバプールへ移籍した20年1月に、時同じくしてザルツブルクからドルトムントへ籍を移したノルウェー代表FWについては、「対照的にハーランドは偉大な選手になるのが運命づけられていた。欧州で最も決定的なストライカーのひとりとしての地位を確立し、ゴールを止めることはない」と記している。

 そして、南野のほかにも、ファン・ヒチャン(現ウォルバーハンプトン)やパトソン・ダカ(現レスター)もザルツブルクを離れた後に思うような結果を残せていないとし、こう締めくくっている。

「ザルツブルクでは、たしかに才能のあるストライカーを見つけることができる。ただ、ハーランドのような超人でない限り、オーストリアを後にした後、ステップアップした先で適応するのに時間がかかることを示している」

 複数のメガクラブが注目するアデイェミの争奪戦に、リバプールは本腰を入れて参戦するのだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

【PHOTO】C・ロナウド、ネイマール、アグエロ、エジル、ポグバetc…世界的名手たちが誇るスーパーカーを厳選&一挙紹介!
【関連記事】
冨安健洋を“拾った”アーセナル、ブラジル代表DFを選んだトッテナムの明暗に現地注目! 「スパーズが勝ったと思われたが…」
「タキは別人になって戻って来た」躍動した南野拓実をクロップ監督が改めて称賛「本当に難しい時にここに来たのに…」
「こいつ本当にいいプレーするな」内田篤人が“一番好きなプレースタイル”と評したJリーガーは?「両足使えて…」
「トミヤスは完璧な右SBだった」アーセナルが冨安健洋を獲得した理由に現地サイトが注目!「ファンの多くが知らなかったが…」
【セルジオ越後】スタメンや戦術は敵も分かり切っているが…とにかく最低勝点4! 南野には自分の価値を示してほしい

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月4日発売
    2022ー23シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    最新選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ