冨安健洋を“拾った”アーセナル、ブラジル代表DFを選んだトッテナムの明暗に現地注目! 「スパーズが勝ったと思われたが…」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年10月02日

「ファンのお気に入りとして確固たる地位を確立」

ここまでは明暗が分かれるかたちとなっている冨安とエメルソン(左)。(C)Getty Images

画像を見る

 今夏にボローニャから渡ったアーセナルで評価が急上昇中の冨安健洋は元々、ライバルであるトッテナムへの移籍が有力視されていた。

 だが周知の通り、トッテナムはボローニャと条件面で折り合いがつかず、移籍市場最終日にバルセロナから右SBのエメルソン・ロイヤルを獲得。日本代表DFは宿敵のアーセナルへ移籍することになった。

 そのため、ポジションも重なるこの2選手は何かと比較されている。現地9月30日には、英国メディア『football.london』が、「スパーズはエメルソンとの契約でガナーズに勝ったと思われていたが、トミヤスはその仮定をぶち壊すかもしれない」と綴った。

 記事は、アーセナルがトッテナムに3‐1で快勝した26日のノースロンドン・ダービーで、ミケル・アルテタとヌーノ・エスピリト・サントの両指揮官のどちらがいい補強をしたのか「多くが語られた」とし、こう伝えている。

「ガナーズは未知数のDFと契約したため、スペインの強豪バルセロナからDFを獲得したトッテナムが戦いに勝ったという先入観があった」

【動画】冨安が躍動!トッテナムとの白熱のダービーをチェック
 
 だが、冨安が3試合連続の先発出場で攻守に躍動した一方、途中出場のエメルソンはインパクトを残せなかった。

 同メディアは、冨安について「彼の確実で印象的なパフォーマンスは、アーセナルのライバルとのゲームを取り巻く試合前の神経戦を無効にした。爆発的な走力とセットプレーでの脅威により、ファンのお気に入りとして確固たる地位を確立した」と絶賛。ともに元イングランド代表DFのトニー・アダムズやガリー・ネビルといった名手たちからも賛辞が送られたことを紹介し、こう報じている。

「イタリアから移籍後3試合連続のスタメンで、スパーズのスター、ハリー・ケイン、ソン・フンミン、ルーカスを寄せ付けず、好パフォーマンスを披露した。」

 そして、「トミヤスはピッチで結果を出し始めたアーセナルでいきなりフィットした。一方で、エメルソンについてはトッテナムが調子を落とした時期に加入し、ダービーで3試合連続のスタメンを逃した」とそのコントラストを記している。

 ここまでは明暗が分かれる結果となり、トッテナムのフロントはほぞを噛んでいるかもしれない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】2021年夏に欧州で新天地を求めたサムライたち

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち
【関連記事】
「ゴミのようなチームに勝って優勝気取りか」冨安健洋らを“Bチーム”と酷評したトッテナムOBが辛辣コメント「バカげている」
「やっぱりいい」右SBの“先輩”内田篤人が特に絶賛した冨安健洋のプレーは? それでも「CBをやってほしい」と語ったワケ
「チームスピリットを示した素晴らしい光景」冨安健洋の“振る舞い”に英国メディアが感嘆!「ロッカールームの人気者だ」
「トミが大好きだ」ダービーで輝いた冨安健洋を“ミスターアーセナル”がベタ褒め!「素晴らしい」と絶賛した能力は?
「冗談だろ?」エース古橋亨梧の戦列復帰→即代表追加招集にセルティックのファンが騒然!「また怪我をして戻ってくるぞ」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月10日号
    1月27日発売
    通算1500号!
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    現陣容の期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ