【日本代表】サウジ&豪州と戦う10月シリーズのノルマは? 達成できなければ監督解任も? 識者3人の見解

カテゴリ:日本代表

2021年09月28日

最低限のノルマで言えば、勝点3

10月シリーズではサウジ、豪州と対戦。予選突破の命運を左右する2連戦で、森保ジャパンはいかなる戦いを見せられるか。(C)JFA

画像を見る

 オマーンとの初戦は0-1の敗戦。続く中国戦は大迫勇也のゴールで1-0の勝利。1勝1敗、勝点3のグループ4位。カタール・ワールドカップのアジア最終予選で、2試合を終えた時点での日本代表の戦績だ。

 10月シリーズでは、7日に敵地でサウジアラビア、12日にホームでオーストラリアと対戦する。両国とも予選で2連勝を飾り、ともに勝点6。得失点差で豪州がグループ首位に立ち、サウジがこれに続く。

 日本にとって予選突破の命運を大きく左右する重要な2連戦。一気に形勢を逆転できるかもしれないし、ライバル国との差がさらに開くことになるかもしれない。この重大局面で、森保ジャパンに課せられたノルマは? 仮にそれが達成できなかった場合は――。識者3人の見解をうかがった。

――◆――◆――
 
■内田知宏氏(スポーツ報知)の見解

 鹿島アントラーズで長らく強化責任者を務める鈴木満氏は、監督続投、解任の判断をする時、選手の様子を注意深く見るという。「監督の声に選手が反応しているか、していないか。たとえ結果が出ていなかったとしても、選手が反応していれば、チームは前進できるし、無反応なら交代する。チームは生き物だから、よく観察する必要がある」。

 この基準で森保ジャパンを考察したい。最終予選初戦で敗れ、チームは中国戦が行なわれるドーハ入り。直後の取材で、原口元気は自身のメンタルの課題を口にした。大迫勇也は「一人ひとりが勝利のために考える必要がある」と言った。森保一監督の「相手のモチベーションを上回る必要がある」という声に、素直に反省、改善しようとする声に聞こえた。

 では、森保監督の声は勝利に近づけているか。ロッカーで選手に話すことと、メディアに話す内容がこれほどまでに同じ監督は珍しい。選手が最も知りたい「試合に出るための基準」が中でも外でもブレないから、選手は前向きなエネルギーを持ちやすい。また、戦術は最先端ではないかもしれないが、選手の特性からかけ離れたようには感じない。

 もちろん課題はある。ピッチにいる選手の「適応力」を信じ、問題の改善が遅れた試合があったのも事実だ。黒星を喫したオマーン戦も、その一つに挙げられる。勝利を手繰り寄せるベンチワークを、Jリーグで日常的に見られるかと言ったらそうではないが、アジアを勝ち抜くために、ワールドカップで勝つために、ベンチの力業も必要な時が必ずやってくる。

 10月の2連戦では、勝点4を確保したいところ。最低限のノルマで言えば、勝点3になるだろうか。鈴木氏の言葉を借りれば「チームは生き物」。そのチームは結果の影響を受けやすく、長所が短所に化ける。加えて、コロナ禍で最終予選は例年より短期決戦で行なわれている。ノルマを達成できなかった場合、解任による「ショック療法」を講じる必要も出てくるだろう。日本サッカー界にとって一番避けたいのは、ワールドカップ連続出場が途絶えることである。
 
【関連記事】
「最高だった」冨安健洋がエミレーツでのデビュー戦を回顧! 驚いた“人生初めて”の経験とは?
「激アツコンビ」岩渕真奈&冨安健洋のスマイル2ショットに反響!「2人ともすっごくカワイイ!」
「日本代表指揮官が興味を示した」森保一監督がデュッセルドルフを訪問と現地報道! 視察目的は田中碧と…
「日本じゃ絶対ない!バカげている」吉田麻也が衝撃を受けたセリエAの現実。「対応がキツかった」ストライカーにも言及
「香川、長谷部に続くスター」ブンデス公式が遠藤航を特集!「指揮官が”戦士”と呼ぶ、数少ない存在」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月4日発売
    2022ー23シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    最新選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ