強化も順調に進行中!女子&Jr.ユースチームが象徴する“リアル”南葛SCのサッカー普及の理念

カテゴリ:特集

伊藤 亮

2021年09月29日

トップチームとほぼ同じタイミングで立ち上げられた女子チームとジュニアユースチーム

2015年に立ち上げられたジュニアユース。現在はT3(東京都3部)を舞台に戦う。写真:徳原隆元

画像を見る

 南葛SCとして活動を始めてから2021年で約8年。

 とかく注目を浴びるのはJリーグを目指すトップチームだが、じつは女子チームとジュニアユースチームも早々と組織され、精力的に活動を続けてきた。Jリーグクラブならもとより、社会人クラブで女子チームとジュニアユースチームを持つ存在は稀だ。

 だが、じつはそこに南葛SCというクラブの特徴が見える。

――◆――◆――

 2013年、南葛SCは葛飾ヴィトアードから名称を変え活動を始めた。そして2014年、東京都サッカーリーグ3部からJリーグ入りへの本格的な挑戦を始めた。この2014年に女子チームの南葛SC WINGS(以下WINGS)も始動、東京都女子サッカーリーグ5部からスタートを切った。そして翌2015年にジュニアユースのチーム(U-15)を立ち上げ、2016年より東京都クラブユース連盟へ加盟している。

 男子のトップチームとほぼ時期を違えることなく、女子とジュニアユースのチームも立ち上げられた。これは当初、チーム運営を特定非営利活動法人国際サッカー普及育成会というNPOが行なっていたことと関係する。「サッカーを普及させる」を目的に年齢や性別は関係ない。よって、男女トップとジュニアユースのチームがトップチームとほぼ同時に作られたのだ。

「その後、Jリーグをさらに本格的に目指すうえで、2019年に株式会社南葛SCを立ち上げ、男子トップチームの運営を移管しました。女子とジュニアユースは今も国際サッカー普及育成会が運営しています。NPOとして活動することで活動に対する助成金が出たり、葛飾区の事業の随意契約を受けやすいというメリットがあります。一方、トップチームと別組織で活動することで情報の共有などが難しい部分もあり、今は国際サッカー普及育成会の理事に株式会社南葛SCのメンバーを据えることで組織間の風通しをスムーズにしようとしています」

 こう語る南葛SCの岩本義弘GMは、トップチームの運営やチーム強化に携わる一方で、女子やジュニアユースの活動にも目を配っている。
 
【関連記事】
「翼DREAM」地元・葛飾と“リアル南葛SC”の未来――元Jリーガーの社員選手たちが子どもたちに語ること
『キャプテン翼』のテーマを体現! リアル南葛SCが地元・葛飾の小中学校で行なってきた「翼DREAM」とは?
「キャプテン翼の世界観やチームの存在をもっと拡大していきたい」代表×トップパートナー対談から見えてくる南葛SCが描く地図
代表とトップパートナーが振り返る“リアル”南葛SC前半戦総括――高橋陽一先生も期待する今季のキーマン2選手とは?
“リアル”南葛SCが挑む「サッカーと仕事」第1回——岩本義弘GMが目指す就業支援の最適解
“リアル”南葛SCが挑む「サッカーと仕事」第2回——元Jリーガー社長が提案する新たな価値観
“リアル”南葛SCが挑む「サッカーと仕事」第3回——布施周士が証言するポジティブな相乗効果

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月4日発売
    ハーランド世代!!
    躍動する「2000年代生まれ」の
    若手逸材を完全網羅した
    「ヤングタレント大百科」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ