出場3試合で「まだ一度も許していない」のは? 冨安健洋の驚愕スタッツに現地注目! トッテナム戦でチームトップだったのはタッチ数と…

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年09月27日

アーセナルは宿敵に3発快勝

出場したプレミア3試合で安定したパフォーマンスを発揮している冨安。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間9月26日に開催されたプレミアリーグ第6節で、冨安健洋が所属するアーセナルは宿敵トッテナムとホームで対戦。前半に怒涛の3ゴールを奪うと、後半に韓国代表ソン・フンミンに1点を返されたものの、3‐1の快勝を飾っている。

 3試合連続のスタメンで、初めてのノースロンドン・ダービーに挑んだ冨安は、臆することなく持ち味を十分に発揮。堅実な守備と機を見た攻撃参加で、3連勝に貢献している。
【動画】堂々たる表情!宿敵トッテナムとのダービーに挑んだ冨安
 
 それはスタッツからも明らかになっている。現地メディア『Squawka Football』によれば、日本代表DFは、この大一番でチームトップのタッチ数(67回)とボール奪取数(8回)をマークした。

 さらに驚きなのは、プレミアデビューを飾ったノーリッジ戦からの3試合で、まだドリブル突破を「一度も許していない」という。

 空中戦でもほぼ競り勝ち、まさに鉄壁のディフェンスを見せている冨安。開幕3連敗だったチームは、このサムライ戦士が加入してから3戦3勝だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】2021年夏に欧州で新天地を求めたサムライたち

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち
【関連記事】
「トミが大好きだ」ダービーで輝いた冨安健洋を“ミスターアーセナル”がベタ褒め!「素晴らしい」と絶賛した能力は?
「最大の試練でも好印象」宿敵との大一番で躍動した冨安健洋に現地メディアも高評価!「試合を重ねるごとに…」
驚異の平均採点「7.79点」はリーグトップ! ベルギーで躍動中の日本人選手は? 伊東純也ではなく…
「フェイント上手すぎ」三笘薫がセネガル代表DFを翻弄した“キレキレ”ドリブルが反響!「鳥肌が止まらない」
「誰も彼を抜けなかった」冨安健洋をアーセナルの元エースが絶賛! 話題の“抱擁動画”には「近年あんなシーンを見なかった」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ