【FC東京×浦和】長友佑都と酒井宏樹。サイドでよりインパクトを放ったのは?

カテゴリ:Jリーグ

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2021年09月25日

開始早々に失点に絡んだ酒井はしかし…

Jリーグで実現した現役日本代表によるマッチアップ。味スタでより印象的なプレーをしたのは…。写真:徳原隆元

画像を見る

[J1リーグ30節]FC東京1-2浦和/9月25日/味の素スタジアム

 FC東京がホームで浦和を迎え撃った一戦で見どころのひとつとなったのが、現役日本代表同士でのサイドの攻防だった。

 FC東京の長友佑都と浦和の酒井宏樹。同サイドで何度かマッチアップした両者のどちらのパフォーマンスが上だったかと言えば、おそらく後者だろう。開始早々に失点に絡んだ酒井はしかし、そのショックをひきずらずに安定したパフォーマンス。右サイドで攻撃の起点となり、前半のアディショナルタイムに見事な同点弾を叩き込めば、78分に負傷交代するまで後半は守備面でも力強さを発揮した。

 そんな酒井に比べると、この日の長友はいまひとつという印象だった。立ち上がりから味方に声をかけてチームに熱を注入する姿勢は確かに素晴らしいが、パフォーマンス自体は手放しで褒められるレベルにない。

 守備は決して悪くない。言及したいのはオフェンス面だ。4-2-3-1で戦った前半は効果的なオーバーラップがほとんどなく、3-5-2の右ウイングバックを任されてからも攻撃の起点になれなかったあたりがネガティブに映った。
 

 前節の名古屋戦でも、長友がクロスを阻止されたのは一度だけではなかった。その前の横浜FC戦でもダイレクトにプレーで勝利に貢献したのは、ディエゴ・オリヴェイラ、レアンドロ、安部柊斗、ジョアン・オマリあたりで、長友のパフォーマンスが掛け値なしに素晴らしかったかと言えば、決してそうではない。

 もちろんFC東京に加入して1か月も経過していないので、チームメイトとの連係は発展途上の段階にある。だが、10月に代表戦、サウジアラビアとオーストラリアの連戦が控えていることを考えると、もう少しギアを上げてもらわないと……という不安に苛まれているのは、著者だけだろうか。

取材・文●白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)

【J1第32節PHOTO】FC東京1-1名古屋|アダイウトンの先制弾に、クバが同点弾! 両助っ人FWが活躍し、勝点1を分け合う
【関連記事】
【J1採点&寸評】FC東京1‐2浦和|MOMは決勝弾の江坂。FC東京は“CBウヴィ二のFW起用”が当たらず
浦和が3連勝!FC東京の田川に開始36秒弾を許すも、酒井&江坂弾で逆転。7戦負けなしで暫定5位浮上
「激アツやん」「見たいのはこういうやつ」FC東京が名古屋戦での長友佑都と恩師の再会を報告!
「衝撃的だった」久保建英が肩を組んでひそひそ話をしていたマドリーの重鎮は?「普通に話すのが凄い」
驚異の平均採点「7.79点」はリーグトップ! ベルギーで躍動中の日本人選手は? 伊東純也ではなく…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ