FC東京、アダイウトンの先制ゴールも勝ち切れず1-1のドロー! 名古屋はシュヴィルツォクの2戦連続弾で勝点奪取

カテゴリ:Jリーグ

手塚集斗(サッカーダイジェストWeb編集部)

2021年09月22日

長友が2戦連続スタメン

FC東京対名古屋は、お互いに追加点が遠く1-1の痛み分けで決着した。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 Jリーグは9月22日に、J1第32節の3試合を各地で開催。味の素スタジアムでは、FC東京対名古屋グランパスの一戦が行なわれ、1-1のドローで勝点1を分け合った。

 当初は10月に開催予定だったが、名古屋がACLへ出場しているため、前倒しで行なわれることとなった一戦。気温は27度と高めながらスタジアムには心地よい程度の風が吹き、涼しさも感じられる天候のなかゲームは行なわれた。

 ホームのFC東京は、11年ぶりに復帰した長友佑都が前節に続き先発出場。名古屋はACLのラウンド16でハットトリックを達成し、前節の横浜戦でも得点を挙げたシュヴィルツォクがスタメンに名を連ねた。

 FC東京は、アダイウトンとレアンドロが前線から積極的にプレスをかけてボール奪取。ショートカウンターから好機を創出していく。

 すると26分に先制。アダイウトンが相手の最終ラインに激しくプレッシングをかけてミスを誘う。ボールを奪い、速攻からアダイウトンがペナルティエリア手前の中央から左足を振り抜くと、グラウンダーのシュートは、ゴール右ポストの内側に当たり、ネットに吸い込まれた。

 その後も主導権を握るホームチームだったが、前半終了間際の43分に、不運な形から名古屋のシュヴィルツォクに直接FKを決められ、試合を振り出しに戻される。シュヴィルツォクは2戦連発に。
 
 後半は、木本恭生と長澤和輝を新たに投入した名古屋に、ボールを持たれる時間を作られるも、コンパクトな守備でなかなかシュートを打たせず。逆に68分には、高速カウンターから、途中出場の三田啓貴が1対1を迎えるも、ランゲラックのファインセーブに阻まれる。

 お互いに最後まで決め手を欠き、試合は1-1の痛み分けで決着。FC東京は多くのチャンスを作りながらもホームで勝ち切れず。名古屋は7試合負けなしとしている。

 次戦はともにホームで、FC東京は25日に浦和レッズと、名古屋は26日に大分トリニータと30節を戦う。

取材・文●手塚集斗(サッカーダイジェストWeb編集部)

【サポーターPHOTO】味の素スタジアムに駆けつけたFC東京サポーター!
 
【関連記事】
【J1トップ3順位予想】猛追の横浜と失速の川崎、明暗を分けた“夏の移籍事情”。3位争いは鳥栖と神戸の一騎打ちか?
【J1トップ3順位予想】主力流出と怪我人続出の川崎…現状有利なのは横浜か。絞られた5チームの3位争いの行方は?
【FC東京】長友佑都が復帰初戦の横浜FC戦でいきなりフル出場。安定したパフォーマンスでチームを鼓舞した
冨安健洋の衝撃はC・ロナウド&ルカク級! “期待を上回った新戦力5人”に選出「いかに影響力がある選手か知る由もなかった」
「タキはトップクラスだ」今季初出場で圧巻2発の南野拓実をクロップ監督が称賛!「出番がなく苛立っていたか?」という質問には…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ