WEリーグ開幕戦ベレーザ対浦和の一戦に抱いた期待。Jリーグとは違う空気感があった

カテゴリ:女子サッカー

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2021年09月12日

Jリーグと比べて家族連れの比率が多かった印象

試合は浦和の勝利で幕を閉じた。塩越は88分に劇的な逆転ゴールを決めた。写真:田中研治

画像を見る

[WEリーグ第1節]東京NB1-2浦和/9月12日/味の素フィールド西が丘

「いやー面白かったね」
「良い試合だったね」

 スタジアムをあとにする観客が笑顔で話していた。

 9月12日、日本初の女子プロサッカーリーグ「WEリーグ」がついに開幕。日テレ・東京ヴェルディベレーザと三菱重工浦和レッズレディースの試合は、歴史的な日に相応しい一戦だった。

 33分に植木理子のゴールでベレーザが先制すると、49分には浦和が菅澤優衣香の豪快なゴールで同点に。最終的には88分に決まった塩越柚歩の鮮やかなシュートで浦和が劇的な逆転勝利を収めるのだが、試合は各エリアで激しいマッチアップが繰り広げられ、手に汗握るような内容だった。
 
 2700部の一般チケットは完売。当日は2427人の観客が訪れ、会場を盛り上げた。メインスタンドとバックスタンドがほぼ埋まっていた味の素フィールド西が丘には、Jリーグと比べて家族連れの比率が多く集まっていた印象で、和やかな空気感に包まれていた。

 交代選手には子どもたちからも敵味方問わず拍手が送られ、試合後にはホームチームのサポーターも相手選手に手を振り、選手もそれに応える。会場が一体となって、選手を見守るような温かさがあった。

 実際にピッチでプレーしていた選手にもその空気感が感じ取れたようで、ベレーザの清水梨紗は、「小さい子から大人の方までたくさんの幅の方が来ているのは自分も見て思いました。こういう雰囲気の中でサッカーができるのはすごく幸せです」と振り返った。

 ただ一方、帰り道でこんな声も聞かれた。

「日テレ・東京ヴェルディ……なんだっけ?」
「ベレーザね」

 プロ化に伴い地上波放送の番組でも特集が組まれたり、DAZNでの配信が決まったりしたとはいえ、一般的な認知度はまだまだ低い。実際に観戦に訪れた人にさえチーム名が浸透していないのが現実だ。

 課題は、こうした新規のファンをいかに取り込んでいくか。岡島喜久子チェアも「新しいファンの方、コアなファンの方以外の層にも来ていただきたい」と語る。
 
【関連記事】
なでしこ塩越柚歩が値千金の逆転弾! 浦和Lが2-1でベレーザとの名門対決を制す【WEリーグ】
「めちゃくちゃ可愛い」「美人すぎ」なでしこ塩越柚歩のモデル顔負け“美ショット”に反響続々!
【WEリーグ開幕記念インタビュー】W杯優勝を経て母親に。岩清水梓の特別なキャリアが新リーグのシンボルに
「めっちゃ可愛い!」なでしこ仲田歩夢が魅せた“キュートな六変化”に反響続々!「この動画一生見れます」
「なでしこイチの美女!」鮫島彩がWEリーグ開幕を前に“キュートな私服姿”を公開!「ドキがムネムネ」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月10日号
    1月27日発売
    通算1500号!
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    現陣容の期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ