頼もしき時間軸のビジョン。中国戦の1-0勝利を支えた柴崎岳の“地味に凄い”ゲームコントロール【W杯最終予選】

カテゴリ:連載・コラム

河治良幸

2021年09月09日

「ボールを単純に失わないように心掛けた」

今回の9月シリーズで久々の代表復帰を果たした柴崎。中国戦では“らしい”ゲームコントロールで勝利に導いた。(C)Getty Images

画像を見る

[カタール・ワールドカップ・アジア最終予選]日本 1-0 中国/9月7日/ハリファインターナショナルスタジアム

 試合のビジョンには空間軸と時間軸が存在する。空間軸はそれぞれの選手がポジションや役割、特徴に応じて備えており、味方と相手の位置や距離感などを察知しながら、その時にイメージするベストの選択をしようとする。

 敵味方、22人の空間的なビジョンがオン・オフで絡み合って、ピッチ上の現象になっていくわけだが、時間軸を明確に意識しながら最適解を見出していこうとする選手は限られるように見える。ゲームコントロールと言われる役割を果たす選手たちは大なり小なりそうした意識や感覚を持っているはずだが、日本代表の柴崎岳はその分野におけるエキスパートと言える一人だ。

「チームをコントロールできたかどうかは個々人、いろんな人の価値観だったり見方があるので一概には言えない」

 1-0とリードして迎えた後半の進め方に関して、柴崎はそう前置きしながら「個人的に意識してたのは、テンポが早すぎて起こりうるカウンターの応酬というか、そういった展開というのは避けたかった」と振り返った。

「自分にボールが入ったところで、落ち着けるところは落ち着いて展開を戻そうと思っていましたし、ボールを保持する時間を少しでも多く、長くできれば、相手の攻撃を食らうこともないので。そこは落ち着いてボールをあんまり単純に失わないように心掛ける部分が特に後半はありました」

 前半は結果として40分に、伊東純也のクロスに大迫勇也が合わせた1点に終わったが、久保建英や大迫のポスト直撃弾など、5-3-2という慣れないシステムで自陣を固める中国から2、3点奪ってもおかしくない内容だった。それだけに後半の入りも早い時間帯に追加点をとチームの気持ちがはやるのは当然だ。
 
 しかし、後半の立ち上がりに古橋亨梧が負傷で原口元気に交代した直後、危険な予兆を告げるシーンがあった。トップ下の久保がボランチの高さまで下がってボールを持つと、大外を追い越す長友佑都にロングパスを送り込んだ。しかし、これが右サイドバックのジュー・チェンジェにカットされてしまう。

 そこから中国は前半にほとんど見られなかった素早いパス回しで日本の即時プレスを回避し、バックパスを受けたGKヤン・ジュンリンが前線にフィード。冨安健洋がヘッドでクリアするも、これを拾ったワン・シェンチャオが右サイドに展開。そこからワン・ガンが縦に仕掛けてのクロスが長友の後ろ足に当たって、日本はなんとかコーナーに逃れた。

 このシーン、実はゴール前には中国の選手が4人走り込んでおり、日本も冨安、吉田麻也、右サイドバックの室屋成に加えて柴崎が全力で戻り、何とか4対4にしていた状況で、しかもゾーン気味の対応になっていたため、クロスが誰かに合っていたら同点ゴールになっていた可能性が非常に高いシーンだったのだ。

 後半の立ち上がりから中国は猛然とハイプレスをかけてきた訳ではないが、最終ラインを上げてコンパクトにしながら、ボールを持ったら前に攻撃人数をかけていた。その一方で日本はオマーン戦後、東から西に長距離移動してきているなかで、前半はほぼ休みなく、オマーン戦から見違えるような縦に速い攻撃を仕掛けて、ボールを失えば素早いプレスで即時奪回を続けていただけに、疲労が懸念されていた。
 
【関連記事】
韓国メディア各社が日本の中国戦を“滅亡戦”と表現! 「一人で違いを生み出した」と最も高く評価したのは…
【セルジオ越後】中国のレベルの低さと冷房の効いたスタジアムに助けられた日本…そんな中で一番光っていたのは?
「僕の横で日本の選手はほぼ全員が欧州に…」中国のエースが空港で遭遇した森保ジャパン一行に“感動”!「この差は非常に大きい」
中国メディアが日本の先発11人の採点を発表! 最高点「7.7」を獲得した2選手は? 決勝弾の大迫ではなく…
【日本1-0中国|採点&寸評】勝利をもたらしたのは大迫!!先発起用の久保も攻撃を活性化

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月2日発売
    恒例企画
    2021-2022シーズンの
    BEST PLAYER
    世界の識者たちが徹底討論
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ