韓国メディア各社が日本の中国戦を“滅亡戦”と表現! 「一人で違いを生み出した」と最も高く評価したのは…

カテゴリ:日本代表

ピッチコミュニケーションズ

2021年09月08日

「地獄を脱出したのは日本だった」

日本代表の最終予選初勝利が韓国でも広く報じられている。(C)JFA

画像を見る

 9月7日(日本時間8日)に行なわれたカタール・ワールドカップのアジア最終予選、日本代表対中国代表。FW大迫勇也の決勝点を守り切り、1-0で日本が最終予選初勝利を収めたこの試合は、韓国でも広く報じられている。

「オマーンに衝撃敗北の日本、中国を制し最終予選初勝利」(『NEWSIS』)
「日本、中国を1-0で下し“起死回生”」(『Goal.com』韓国版)
「滅亡戦から生き残った日本、墜落した中国」(『BestEleven』)

 など、ともに初戦で敗れて後がなかっただけに、両国の対決を「滅亡戦」と表現する報道が多かった。

 なかでも『BestEleven』は、「地獄を脱出したのは日本だった」と書き出した記事内で、試合を次のように振り返っている。

「日本は莫大なプレッシャーを乗り越えて勝点3を得た。一方、中国は奈落に落ちた。今後の歩みにも多大な影響を及ぼす致命的な敗北だった。日本は“滅亡戦”とも呼ばれた崖っぷちの勝負で、1-0の勝利で生き返った。中国はウー・レイ、エウケソン、アラン、アロイージオまですべてのカードを出したが、限界を実感させた」
 
 また、『news1』は前後半通じて優位に試合を進めるも、1得点に終わった日本の決定力に言及。「“シュート18本”の日本、枠内シュート0本の中国に1-0冷や汗勝利」と見出しを打ち、「試合内容では圧倒したが、決定力が足りずもどかしい試合をした」と伝えている。

 ほかでは、『FOOTBALLIST』がトップ下でフル出場したMF久保建英を絶賛。「一人で違いを生み出した久保が日本のエースに」という見出しを用い、「前後半で出た得点チャンスのほとんどは久保の足から生まれた。ゴールやアシストこそなかったが、久保は持ち味である左足のシュートをはじめ、チームメイトを利用した2対1のパスや個人技などで大半の決定的なチャンスを作った。この日、日本と中国の選手のなかで最も目立ったのは断然久保だ」と高く評価した。

 その反面、敗れた中国には厳しい論評が目立つ。
「“支配率30パーセント”中国、日本相手に接戦で滅亡…枠内シュートなくイエローだけ3枚」(『OSEN』)
「中国、直前合宿に帰化選手合流も“枠内シュート0本”2連敗」(『FOOTBALLIST』)
などがその例だ。

 とくに、「中国には何も残らなかった」とバッサリ切り捨てた『OSEN』は、「枠内シュートが一つもなかったが、それより衝撃的なのはイエローカードが3枚も出たということだ。実際、後半の中国は激しいプレーで物足りなさを残した」と、内容面の乏しさを伝えていた。
 
【関連記事】
「僕の横で日本の選手はほぼ全員が欧州に…」中国のエースが空港で遭遇した森保ジャパン一行に“感動”!「この差は非常に大きい」
【セルジオ越後】中国のレベルの低さと冷房の効いたスタジアムに助けられた日本…そんな中で一番光っていたのは?
「オマーンショックから生き返った」韓国メディアが日本の初勝利に注目!「衝撃の敗戦から…」
【日本1-0中国|採点&寸評】勝利をもたらしたのは大迫!!先発起用の久保も攻撃を活性化
中国メディアが日本の先発11人の採点を発表! 最高点「7.7」を獲得した2選手は? 決勝弾の大迫ではなく…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月23日号
    9月9日発売
    緊急提言
    この布陣で
    W杯最終予選を突破せよ!!
    日本代表「最強スタメン」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月16日発売
    2021ー2022 SEASON
    出場32チームを完全網羅
    CL選手名鑑
    顔写真&データが充実!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ