「3年いて『ありがとう』すら書けないのか」ユーベ退団のC・ロナウド、惜別投稿の痛恨スぺルミスが反響!

カテゴリ:メガクラブ

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2021年08月28日

インスタでユーベのファンに熱い言葉を寄せるも…

C・ロナウドが犯したスペルミスが注目を集めている。(C)Getty Images

画像を見る

「心と魂を込め、とても美しい物語をともに描いた。僕はずっとあなたたちのひとりで、あなたたちは今や僕の歴史の一部。僕はあなたたちの一部と感じる。僕の心には、ずっとあなたたちがいる」

 現地時間8月27日、マンチェスター・ユナイテッド復帰が発表されたクリスチアーノ・ロナウドは、古巣となったユベントスへのメッセージをインスタグラムに投稿した。

 世界最高級の選手からの熱い言葉だが、イタリアのメディアはスペルミスがあると指摘している。

 インスタグラムのストーリーズでは、白と黒の背景に「みんなありがとう」「ユベントスありがとう」の文字で感謝を表した。だが、感謝を表すイタリア語が「GRAZIE」であるにもかかわらず、そこには「GRAZZIE」と「Z」が2つ記されている。

 また、あいさつ文はクラブソングの一部歌詞を除いて英語で書かれたが、その中に「ユベントス・サポーター」を意味するイタリア語「The“tifosi bianconeri”」という言葉がある。だが当初、ここでも「サポーター」を表す「tifosi」が「tiffosi」と記されていた(現在は正しい綴りに)。
 
 このため、イタリアのツイッターでは「#Grazzie」「#tiffosi」のハッシュタグが出回り、『Gazzetta dello Sport』紙電子版は「どれだけのミスが…」と報道。『Sport Mediaset』も「ミスとともに別れのあいさつ」と報じるなど、メディアも綴りの間違いを取り上げた。

『Corriere dello Sport』は、SNSでC・ロナウドを批判する声も上がったと伝えている。

「イタリアに3年いてgrazieすら書けない」
「3年間で正しくgrazieを書くことを学ぼうとすらしなかった」
「ロナウドが新記録、3年いてgrazieを書けないイタリアでプレーした初の選手に」

 気持ちを伝える投稿でスペルの誤りを取り上げる必要はないとの見方もあれば、文章で気持ちを伝えるからこそ、正しい綴りであるべきとの声もあるだろう。スーパースターのインスタグラム投稿が一大ビジネスであることから、管理不足だとの考え方もあるかもしれない。

 もちろん、意見は人それぞれだ。ユベントスの各サポーターは、どのように受け止めただろうか。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

【PHOTO】2021年夏の移籍市場で新天地を求めた名手たちを一挙紹介!
【関連記事】
シティ移籍から急転直下…C・ロナウドはなぜユナイテッド復帰を決断したのか?
マンUでは既にカバーニが着用…C・ロナウドは再び7番を背負えるのか?英紙は「優遇措置は過去に例がない」と説明
「クボという最悪のパートナーと…」久保建英とマッチアップしたスペイン人DFを現地紙が酷評「問題を引き起こした」
エムバペはなぜCL制覇も狙える“新・銀河系軍団”からの離脱を決意したのか。最大の理由はやはり…
【セルジオ越後】最終予選へ絶対的に期待したいのは大迫でもなく、南野や堂安、鎌田でもなく…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ