「クボという最悪のパートナーと…」久保建英とマッチアップしたスペイン人DFを現地紙が酷評「問題を引き起こした」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年08月28日

右サイドハーフで86分までプレー

対峙した久保に手を焼いたエスパニョールのディダク(左)。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間8月27日に開催されたラ・リーガ第3節で、久保建英が所属するマジョルカはホームでエスパニョールと対戦。MFダニ・ロドリゲスが27分に奪った1点を守り切り、1―0で昇格組対決を制した。

 この試合で、2試合連続の先発出場を果たした久保は、右サイドハーフで86分までプレー。持ち味のドリブルや、周囲を活かしたパス、中に切れ込んでのシュートで対峙した敵の左SBディダク・ビラを苦しめた。

【動画】対峙したスペイン人DFを翻弄!躍動した久保建英のプレーをチェック!
 
 スペイン全国紙の『AS』も、日本の至宝に翻弄されたディダクに個人寸評で厳しい評価を与えている。

「彼は最悪のパートナー、クボと踊らなければならなかった。彼はサポートを得ることができなかったので、多くの問題を引き起こした。(マジョルカの右SBパブロ)マッフェオは彼のサイドに居座り、クボが解放された」

 32歳のベテランDFを手玉に取った久保。そのプレーぶりは自信に満ちていた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「クボに助けられた」攻撃を牽引した久保建英をスペイン紙が絶賛!「圧巻のパフォーマンスだ」
交代直後に…敵のサポーターが拍手した久保建英の“粋な振る舞い”とは?
「タケは腹を立てていた」初先発の久保建英は、何が不満だったのか?「明らかに…」
「何より私が好きなのは…」マジョルカ指揮官が久保建英の重要性と課題を語る!「今のところは満足だ」
「クラブの希望はソシエダだったが…」久保建英がマジョルカに移籍した舞台裏をマドリー番記者が明かす「彼には不安があった」【現地発】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ