【J1採点&寸評】札幌0-2名古屋|MOMは2ゴールを奪った稲垣!指揮官の手腕も高評価

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年08月26日

札幌――ピンチの数は多くなかったが、少ないチャンスを決めきられた

【警告】札幌=なし 名古屋=米本(39分)
【退場】札幌=なし 名古屋=なし
【MAN OF THE MATCH】稲垣祥(名古屋)

画像を見る

[J1リーグ26節]札幌0-2名古屋/8月25日(水)/札幌厚別

【チーム採点・寸評】
札幌 5.5

キックオフ直後から積極的に攻め込み、パスをつないでいったパフォーマンスはポジティブなもの。しかしながら、試合全体を俯瞰すればそれらはすべて名古屋のコントロール下だったということ。選手交代後も攻撃力は上がらず、ホームで逃げ切りを許してしまった。

【札幌|採点・寸評】
GK
1 菅野孝憲 6

ピンチの数が多くなかったためプレー機会も多くなかったが、結果としては少ないチャンスを決めきられた。

DF
3 柳 貴博 5.5(HT OUT)
前方への積極性は見せていたものの、前半で2点差をつけられたこともあってハーフタイムで退くことに。

2 田中駿汰 5.5
自陣でのパスが中途半端になったところを拾われていた。思い切ったプレーができていなかったように見える。

5 福森晃斗 6
この選手のフィードから好機が作れていればよかったのだが、名古屋の守備は固く、跳ね返されてしまった。
 
MF
7 ルーカス・フェルナンデス 6(77分OUT)

この選手のドリブルは打開の手段になり得たが、相手のタイトかつ分厚い守備に阻まれてしまっていた。

14 駒井善成 5.5
中盤でバランスをとりながらプレーをしていたが、攻撃のテンポをなかなか変えられず、相手のペースにしてしまった。

6 高嶺朋樹 6
いい形でボールを奪いきることができず、相手のほころびを生み出せなかった。パス配球は安定していたが。

28 青木亮太 5.5
古巣との対戦に気持ちも入っていたことだろうが、結果としては相手守備を脅かすプレーは見せられず。
 
【関連記事】
プレミアの選手派遣拒否にFIFAが“規制緩和”を政府に要求! 英国ジョンソン首相はこれを拒否か
「マドリーは無礼だ」エムバぺへの200億円オファーを一蹴したパリSG。いくらなら売却するのか?
「神の領域を超えてる」イニエスタの「何回でもみれる」“リフティングパス”に絶賛の嵐!
大迫勇也が神戸でのプレーに心を躍らせるワケ「アンドレスのボールの置き方がやっぱり凄いなと」
槙野が語った酒井&ショルツ加入の効果「一人ひとりの長所を生かした守り方ができている」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ