「なんて恥だ」メキシコ女子サッカーで発生した“衝撃の大乱闘”に世界仰天!「制御不能」

カテゴリ:女子サッカー

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年08月25日

「ガソリンで火を消そうとした」

メキシコで起きた女子サッカーの乱闘が世界中で話題となっている。(C)Getty Images

画像を見る

「目を疑う」とはこのことだろう。

 衝撃的な乱闘が起きたのが、メキシコの女子サッカーだ。ネカサ対プエブラの一戦の、後半アディショナルタイム3分だった。

 ネカサのCKのこぼれ球を巡って、もつれ合って倒れたネカサの選手が敵を思い切り突き飛ばすと、怒ったプエブラ選手たちがやり返し、ここから両軍入り乱れての大乱闘に。結局、両チームに一人ずつが退場となり、事態は収まった。

【動画】「滅多に見られない戦い」女子サッカーで起きた衝撃の大乱闘!
 この驚きに映像は瞬く間に世界中に拡散。スペイン紙『MARCA』が「なんて恥だ。世界を怒らせた」と伝えれば、同じくスペインの『AS』紙は、「滅多にみられない戦いだ。ベンチメンバーを含むほとんどの選手が関わる乱闘が起こった」と綴った。

 また、ペルー紙『trome』は、「ネカサとプエブラの選手たちは、メキシコで開催された女子プロサッカー選手権で、恥ずかしいシーンに出演した。制御不能な2人の選手が退場となって終了した。残念な映像だ」と綴り、テレビ中継のコメンテーターの声を紹介している。

「通常、これは女子リーグの試合では見られない。こんなことは起こらないはずだ!(乱闘に加わった)選手は、落ち着かせるためではなく、攻撃するために入って行った!ガソリンで火を消そうとしたのだ!」

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
エムバペはなぜCL制覇も狙える“新・銀河系軍団”からの離脱を決意したのか。最大の理由はやはり…
たった1試合で“特等席”を与えられた久保建英。マジョルカ番記者が評価した2つのポイントは?【現地発】
「プレミアはレスリングじゃない」クロップが“激しすぎるタックル”に激怒! リバプールOBは反論
「日本人は落胆している」去就注目の冨安健洋、プレミア移籍は絶望的と伊紙報道「ボローニャを満足させるクラブはない」
FIFA研究機関が10代選手の“経験値”ランキングを発表! 1位はペドリ、日本の有望株2人がトップ100入り

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ