「これが米子北の現在地」あと一歩届かなかった全国初優勝。悔しさと手応えを胸にリスタートを切る!【総体】

カテゴリ:高校・ユース・その他

安藤隆人

2021年08月23日

「最後にサッカーの厳しさを味わった」(中村監督)

青森山田に決勝で惜しくも敗れ、準優勝で大会を終えた米子北。監督と選手が今大会で得たと語る手応えとは。写真:田中研治

画像を見る

[インターハイ決勝]米子北1-2青森山田/8月22日(日)/テクノポート福井総合公園スタジアム

 あと一歩だった。これまでギリギリの戦いを勝ちにつなげてきた米子北が、最後の最後で力尽きた。

 青森山田との決勝戦。米子北OBの昌子源(G大阪)が2年時に出場した奈良インターハイ以来となる2度目のファイナリストとなり、悲願の全国大会初優勝をかけて臨んだ米子北は、前半10分にFW福田秀人(2年)の突破からPKを獲得すると、これを大黒柱のボランチ・佐野航大(3年)が決めて先制した。

 その後は守りを固めるのではなく、守備ブロックと前からの積極的なプレスを巧みに使い分け、青森山田のお株を奪うような激しい球際と、空中戦の強さを見せた。また攻撃では、精度の高い高速カウンターを繰り出してチャンスを作った。

 だが終了間際の後半34分に、ロングスローではなく、ショートスローに変えてきた青森山田に虚をつかれ、CB丸山大和(3年)に同点ヘッドを浴びる。延長戦に突入しPK戦が濃厚となってきた延長後半アディショナルタイム、相手に左CKを与えると、ふたたび丸山に決勝ヘッドを決められ万事休す。
 
 丸山を中心に青森山田の歓喜の輪が出来た瞬間に、タイムアップのホイッスルが鳴り響き、米子北の選手はゴール前で次々に倒れて泣き崩れた。あまりにも残酷なコントラスト。横綱を土俵際まで追い込みながらも、最後の最後でひっくり返され、土俵から転げ落ちてしまった現実にしばらく呆然とするしかなかった。

「この大会を通じてギリギリで追いついたり、追いつかれたり、でも逆転したりとしてきましたが、最後にサッカーの厳しさを味わいました」

 試合後、中村真吾監督は無念の表情を見せたが、「ただ、1試合1試合をこなすごとに成長することができましたし、冬に向けていい経験になったと思う。ピッチ中で選手同士が活発に話をして、盛り上げてくれたと思います」と選手たちの成長を実感していた。

 選手自身も悔しさとともに大きな手応えを感じていた。キャプテンのCB鈴木慎之介(3年)は、「青森山田と十分に戦える。ゴール前の身体を張るところだったりシンプルに走ること、メンタル面でも負けなかったからこそ、この部分はどんどん伸ばしていきたい」と語った。
 
【関連記事】
「夏に勝てないと言われていて悔しかった」青森山田がついに手にした夏の栄冠! 次なる目標は歴代2校目の三冠達成だ!【総体】
劇的勝利で日本一に! 青森山田の松木玖生が決勝戦後に流した涙の真相「3年間取り組んできても全然だめで…」【総体】
「手の届かない存在だと思っていたけど…」米子北の“10番”佐野航大が青森山田との戦いで得た自信【総体決勝】
「レベルが違うかも」「やばい人連れてきた」名古屋新助っ人に驚愕の声! EURO出場FWの衝撃ゴラッソが話題
「久保が中井のカップ戦決勝を見に来た」マドリー保有の日本人2人の“交流”に現地注目!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月4日発売
    2022ー23シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    最新選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ