【J1ベストイレブン】MVPは3G1Aの前田大然!川崎を完封した柏から2選手をセレクト|24節

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年08月17日

鹿島の荒木遼太郎も圧巻のパフォーマンス

【第24節のベストイレブン】

画像を見る

 J1リーグは8月13、14、15日に、大雨の影響で中止となった神戸対広島を除く第24節の9試合を各地で開催した。ここでは、今節に行なわれた試合からサッカーダイジェストWeb編集部が選定したベストイレブンを紹介していく。

 特大の輝きを放ったのが横浜の前田大然だ。

 大分戦で先発した前田は、仲川輝人が右サイドを抉って供給したクロスをダイレクトで押し込み30分に先制弾を決める。2-1とリードして迎えた後半には、得意のスプリントから左サイドを抜け出し中央へパスし、レオ・セアラの2点目をアシストした。ハイライトは75分。交代出場の水沼宏太が出した浮き球のパスに反応すると、アウトサイドで華麗なトラップ。さらに相手GKの位置を冷静に見極めループシュートで追加点を挙げる。終盤にはヘディングで加点し、圧巻の3ゴール、1アシスト。高採点「8」をマークした快足アタッカーを今節のMVPに選定した。

 5-1と快勝した横浜からは扇原貴宏もピックアップ。前田の3点目の起点となったほか、抜群の安定感でチームをコントロールした。
 
 首位を独走する川崎の強力攻撃陣をシャットアウトし、0-0と勝ち切れなかったが貴重な勝点1を奪取した柏からは2選手をセレクト。DFエメルソン・サントスは得点ランキング2位のレアンドロ・ダミアンを封じ、ミドルシュートやパスで存在感を発揮。GKキム・スンギュはひとり少なくなった終盤、川崎の猛攻を受けたものの、最後のところで神がかり的なセーブを連発した。

 3-2とシーソーゲームになった札幌とFC東京の一戦からは3選手を選んだ。勝者の札幌の福森晃斗は守備のみならず、得意の左足のフィードから2得点をアシスト。青木亮太はJ1初ゴールとなる同点弾、さらに逆転弾も決めてみせた。敗れたものの、FC東京のアダイウトンは分かっていても止められないスピードと力強さで2ゴールを奪った。

 そのほか、鹿島の荒木遼太郎は、2ゴールを叩き込んだほか多くのチャンスを創出し続けた。今夏に名古屋に移籍したキム・ミンテはCBの一角で新天地デビューを飾り、対人守備の強さを披露して相手に起点を作らせず、最後は決勝点まで奪った。浦和の明本考浩は、最前線での起用に見事なゴールで応え、決勝点となるPKを獲得。明本の得点をアシストし、移籍後初ゴールとなるPKを決めた江坂任も選出している。
 
【関連記事】
なぜマジョルカは久保建英をチーム最高年俸で迎え入れたのか? 番記者が明かすピッチ内外の思惑【現地発】
「彼は賢い選手だ」5戦5発の古橋亨梧を指揮官が称賛!ファウル後の“アクション”にも賛辞「脅威である証」
「ループは鳥肌もん」マリノス前田大然の圧巻ハットに絶賛の嵐! オナイウも「そんなのできるの?」と反応
元日本代表ふたりが荒木遼太郎を“天才”と評した理由が面白い「Jリーグの中でそういない」
「見たくなかった光景だ」ボルドーのナイジェリア代表FWがピッチに昏倒。意識が戻り8分間プレーも途中交代

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ