元日本代表ふたりが荒木遼太郎を“天才”と評した理由が面白い「Jリーグの中でそういない」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2021年08月14日

「ボールタッチは、本当に天才肌」(岩本)

優れたテクニックが光る荒木。今季は21試合・6得点(23試合消化時点)。写真:滝川敏之

画像を見る

 今季は23試合消化時点で6得点・6アシスト。高卒2年目ながら類稀なテクニックを駆使して鹿島で存在感を放つ荒木遼太郎は「天才」と呼べるのか? そんな疑問について、元日本代表で現解説者の2人──名良橋晃氏、岩本輝雄氏がひとつの回答を示す。

名良橋 基本的になんでもできるプレーヤーなので、天才の部類に入れていいと思う。

岩本 鹿島OBらしい回答(笑)。

名良橋 読者の皆さん、決して贔屓目じゃないですよ。そこは強く言っておきます(笑)。

岩本 俺の感覚では、荒木は起用ポジションで見え方が変わる。

名良橋 あっ、それ、分かる。

岩本 例えば5月の川崎戦、左サイドハーフだった前半は守備に引っ張られて持ち味をほとんど出せなかった。でも、(選手交代を機に)中央にポジションを移してからは天才的だった。

名良橋 適性はトップ下。
 
岩本 そう。ファーストタッチが素晴らしいから、時間をかけずにキュッと前を向いてバイタルエリアで勝負できる。ミスもあるけど、バイタル付近であそこまで良いプレーをしている選手はJリーグの中でそういない。ボールタッチは、本当に天才肌。パスを出すタイミングについては改善の余地があるけど、天才の部類に入るかな、“トップ下の荒木”は。

名良橋 イマジネーションもあるし、荒木は「天才」で。

岩本 異議なし。最前線に大迫(勇也)みたいな強くて上手い選手がいれば、荒木のキュッとした動きがより生きるはずだけど、まあ、今後の成長に期待しましょう。

名良橋 代表のアンダーカテゴリーに名を連ねていて、鹿島では高卒2年目ですでに主力を張っている。伸びしろは十分で、むしろこれからが楽しみな選手。サイドラインを背負ってのプレーはまだ窮屈に感じるけど、そこを修正してひと皮剥ければ飛躍できる。

岩本 さすが鹿島のOB。コメントに愛情が溢れている(笑)。

名良橋 だから、贔屓目じゃないって(笑)。読者の皆さん、改めてここは強調しておきます。

取材・文●白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集長)・多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)

※サッカーダイジェスト6月24日号に掲載されたものを加筆・修正して転載。

【PHOTO】チームの歴史が一目でわかる!鹿島アントラーズの「歴代集合写真」を一挙紹介!
【関連記事】
【セルジオ越後】どう出るか分からない神戸の大型補強だが…厳しい現実を味わってきた大迫や武藤の反骨心に期待
メッシが投稿した初練習&挨拶回り動画が2500万回再生超の大反響! S・ラモスとの熱いやり取りに「数日前までは不可能だった」
「天才というよりも…」。“元同僚”岩本輝雄と名良橋晃が明かす「中田英寿の本質」
「やべっちFCの宿題はすぐにできた」“自称天才”西大伍が語る天才の正体【インタビュー】
Jリーグも「天才的」と絶賛! 柿谷曜一朗の超絶トラップ動画に驚愕の声「へ、変態だ」「急に手品始めた」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ