• トップ
  • ニュース一覧
  • 「見たくなかった光景だ」ボルドーのナイジェリア代表FWがピッチに昏倒。意識が戻り8分間プレーも途中交代

「見たくなかった光景だ」ボルドーのナイジェリア代表FWがピッチに昏倒。意識が戻り8分間プレーも途中交代

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年08月16日

両軍の選手たちが観客から見えないように壁を作る

カルーが倒れ、医療スタッフを呼ぶボルドーの選手たち。(C)Getty Images

画像を見る

 EURO2020でのデンマーク代表クリスティアン・エリクセンの一件があっただけに、心配なニュースだ。

 現地時間8月15日に開催されたリーグ・アン第2節のマルセイユ対ボルドーで、事態は起こった。フランス紙『L'Equipe』などが伝えたところによると、6分にFKの壁に入ろうとしたボルドーの10番サムエル・カルーが、ピッチに突然倒れたという。

 記事によれば、すぐに医師が駆け付け、治療する間、エリクセンが心臓発作で倒れた際にデンマーク代表のチームメイトがそうしたように、両軍の選手たちが観客から見えないように壁を作った。

【画像】壁を作る両軍の選手と意識を取り戻したカルー
 驚くべきごとに、意識を取り戻した23歳のナイジェリア代表FWは、その後も8分間プレーを続け、14分にようやくベンチに下がったという。『Madeinfoot』は、「見たくなかったストレスの多い光景だった」と伝えている。

 詳細はまだ明らかになっていないが、現地の複数メディアは、2019年のナイジェリア代表の活動中にも、カルーが脱水症状で倒れたと伝えている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】2021年夏の移籍市場で新天地を求めた名手たちを一挙紹介!
【関連記事】
メッシ獲得のパリSG、「予想布陣」が半端ない! 難題だらけも心躍る顔触れだ
「13タッチで、中心的な役割」久保建英のマジョルカ復帰戦を海外メディアはどう見た?「軽快に敵のラインを壊した」
心停止のエリクセンが除細動器を装着。イタリアでのキャリア続行は不可能の可能性も…「深刻な危険にある」
「タケは多くのことを与えてくれる」久保建英の“ぶっつけ本番デビュー”をマジョルカ指揮官が評価!「重要な存在だ」
「自分を殺したいと…」ディ・マリアが“銀河系軍団”未参戦のC・ロナウドの心境を推察!メッシには「別世界の人だ」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ