「見てて気持ちいいわ」横浜の流れるようなパスワークからの先制点が脚光!「岩田がいい場所にいるな」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年08月15日

「マリノスのおもしろさが届いてほしい」

先制点を挙げた前田は、守備でもアグレッシブなプレーで奮闘。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 鮮やかな崩しでゴールをこじ開けた。

 J1リーグ第24節の横浜F・マリノス対大分トリニータの一戦で、横浜が30分に先制ゴールを挙げる。仕留めたのは前田大然だが、フィニッシュに至るまでの流れも素晴らしかった。

 ピッチ中央で扇原とM・ジュニオールがパス交換。扇原が右サイドに展開すると、小池が中央に折り返す。受けた岩田はダイレクトで縦に抜ける仲川へ。ニアゾーンに侵入した仲川は一度ためてからグラウンダーのクロス。これに反応した前田が右足で押し込んだ。
 
 DAZNの公式Twitterが「完ぺきなパスワークで見事に守備網打開」と題して、このゴールシーンをピックアップすると、「大然今日もやったか!」「サッカーをあまり見ない人達にもマリノスのおもしろさが届いてほしい」「テルの裏抜け出しアシスト。もう最高」「岩田がいい場所にいるな」「外から見ててそこに出せ!って思うとこにしっかり出してくるもんなぁ。見てて気持ちいいわ」といったコメントが寄せられた。

 その後、L・セアラが2点、さらに前田が2点を挙げてハットトリックを達成し、横浜が5-1でリードし、試合は推移している。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】「完ぺきなパスワークで見事に守備網打開」した横浜の先制点!
 
【関連記事】
前田が圧巻のハットトリック!横浜が大量5ゴールで大分を破り、リーグ2連勝
【岩本輝雄】杉本健勇とマリノスの相性はバッチリ。まさに水を得た魚のような活躍ぶりだね
「このままでは置いておけない。転校も考えていただきたい」。恩師が明かす前田大然の人生の転機【東京五輪メンバーのルーツ探訪】
『アタッキング・フットボール』の“コピー”では終わらない。マスカット新監督はマリノスをさらなる高みへ導けるか
「ありがとう!麻也!!」吉田麻也の出国報告にファン反応!東京五輪で「沢山の感動、希望を貰いました」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ