『アタッキング・フットボール』の“コピー”では終わらない。マスカット新監督はマリノスをさらなる高みへ導けるか

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2021年08月06日

やり方は踏襲していくが…

就任会見に臨んだマスカット監督。オーストラリア出身の47歳だ。写真提供:横浜F・マリノス

画像を見る

 J1の横浜F・マリノスは8月5日、ケヴィン・マスカット新監督の就任会見を行なった。

 18年シーズンより横浜で指揮を執っていたアンジェ・ポステコグルー前監督は、スコットランドのセルティックの監督に就任するため今年6月に退任。後任としてマスカット監督の就任が7月に発表されていた。

 マスカット監督はオーストラリア出身の47歳。現役時代は母国クラブで活躍した他、イングランドのクリスタル・パレスやウォルバーハンプトンでもプレー。引退後はポステコグルー監督の下、メルボルン・ビクトリーでアシスタントコーチを務めていた経験があり、13~19年シーズンは同クラブの監督に。昨年は6月から12月までベルギーのシント=トロイデンを率いていた。
 
 新指揮官はまず、「シーズンの途中ですが、責任感を持ってきました。F・マリノスに来れたことが嬉しく、楽しみにしています」と現在の心境を語り、新しい挑戦をこう意気込んだ。

「ポステコグルー前監督が築き上げたサッカーはF・マリノスのアイデンティティになっていると思います。まずは、彼がやってきたことを軸にチームを成長させていく。向上させていく」

 基本的には前監督が植えつけた攻撃的でスピーディな『アタッキング・フットボール』の踏襲を明言したマスカット監督。前述したとおり、ポステコグルー前監督の下でアシスタントコーチを務めていた経験があるだけに、そう難しいミッションではないだろう。

 ただ、「向上させていく」「詳しくは言えませんが、成長し続けることが大事」と言うように、単なる“コピー”で終わるつもりがないこともほのめかした。
 
【関連記事】
決戦前夜にまさかの変更!日本対メキシコの銅メダルマッチが20時から18時開始に【東京五輪】
「日本のことは誰の記憶にも残らない」久保建英の言葉にスペイン人記者が感じた、東京五輪世代の可能性
「彼らのひらめきは脅威だった」スペインに敗れるも、現地メディアが驚いた日本代表のプレーとは?【東京五輪】
人種差別に負けるな!サポーターからの壁一面のメッセージに、19歳サカ感激「どうやってお礼を言えばいいんだ?」
敗戦に呆然と座り込んだ久保建英にそっと駆け寄り…2人のスペイン代表が見せた気遣い【東京五輪】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022 Jリーグ総決算!
    11月26日発売
    2022 J.LEAGUE
    総集編
    J全58クラブの
    1年間の激闘を収録!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    11月5日発売
    稀代のファンタジスタ
    中村俊輔
    引退特集号
    特大ポスター付き
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 森保ジャパン、躍動!
    12月8日発売
    日本代表・激闘録
    切り開いた“新時代”
    恒例のJ移籍特集に
    欧州組カレンダーも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月1日発売
    カタールW杯出場組が主役に!
    冬の移籍市場
    徹底リサーチ2023
    恒例卓上カレンダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.37
    12月6日発売
    冬の決定版!
    高校サッカー
    選手権名鑑
    出場全48校&選手を徹底網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ