清水が西澤の“ドンピシャヘッド”で追いつき2-2のドロー決着! 横浜は敵地で勝ち切れず…手痛い連勝ストップ

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年08月09日

横浜が主導権を握るも…

清水対横浜は、お互いに2点ずつを奪い合い2-2のドローで決着した。写真:塚本凜平(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J1リーグは8月9日、東京オリンピックによる中断期間が空け、第23節の10試合を開催。IAIスタジアム日本平では清水エスパルス対横浜F・マリノスの一戦が行なわれ、2-2のドローで勝点1を分け合った。

 清水は今夏に鳥栖から加わったばかりの松岡大起が、ボランチの一角で先発出場。現在リーグ7連勝中と絶好調の横浜は、最前線にエウベル、レオ・セアラ、仲川輝人の強力な3トップが並んだ。東京五輪を戦った前田大然はベンチからのスタートとなった。

 試合は4分にいきなり動く。清水が左サイドの敵陣中央でFKを得ると、キッカーの滝裕太がファーサイドへクロスを供給。これに走り込んだチアゴ・サンタナが頭で折り返し、ゴール前の片山瑛一がフリーで押し込んだ。

 その後は横浜が長い時間主導権を握り、敵陣での流動的なパス回しから何度も相手ゴールに迫る。

 すると40分、ペナルティエリア左へのふわりとしたパスに反応した仲川輝人が、スライディングでゴール前に折り返し、最後はマルコス・ジュニオールがネットを揺らす。
 
 後半に入っても横浜の勢いは衰えず。開始早々の47分に、エウベルがペナルティエリア右から相手の意表を突くグラウンダーのシュートを、逆サイドのネットに突き刺す。

 しかし、エウベルの2試合連続ゴールで1点をリードしたものの、60分にカウンターから、清水の西澤健太にドンピシャのヘッドを決められて同点とされてしまう。

 横浜は終盤にかけても猛攻を仕掛けるが追加点が遠く、試合は2-2で終了。首位川崎を追う横浜にとっては手痛いドロー決着に。清水は最後まで粘り強く戦い、貴重な勝点1を手にした。

 次節はともにホームで、清水は13日にガンバ大阪と24節、横浜は12日に名古屋グランパスと18節を戦う。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【J1第23節PHOTO】清水2-2横浜|清水一時逆転許すも、西澤のヘッドで追いつきドロー!横浜は連勝ストップ!

【サポーターPHOTO】雨の日本平で選手たちを後押しした清水エスパルスサポーターを特集!

【動画】西澤健太の今季初ゴール! “ドンピシャヘッド”でドローに持ち込む!
 
【関連記事】
6年半前に抱いた野望を実現させた前田大然。そして大舞台で確かな足跡を残す【東京五輪】
「あの2か国からはボールを奪えない」“デュエル王”遠藤航がこぼした驚きの言葉に世界との差を感じた【東京五輪】
「この男が我々を誇らしくした」吉田麻也の東京五輪での振る舞いをサンプドリア公式が称賛! ファンも同調「偉大な戦士だ」
「願うことしかできなかった…」絶好調・堂安律に弱音を吐かせた大会前の異変。「もうこういう思いはしたくない」【東京五輪】
なぜメッシはバルサを退団しなければいけなかったのか? その背景に迫るーー。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ