6年半前に抱いた野望を実現させた前田大然。そして大舞台で確かな足跡を残す【東京五輪】

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年08月09日

強さと怖さが光る原石は入団会見で東京五輪出場を宣言

フランス戦では1得点。「赤ちゃんのためにやりました」と、ボールをシャツの中に入れるゴールパフォーマンスを披露した。写真:金子拓弥 (サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 日本が誇る韋駄天がゴールへと一直線に駆け抜けた。グループステージ最終節のフランス戦。

 後半の80分からピッチに立ち、迎えたアディショナルタイムだった。ロングボールに走り込んだ相馬勇紀からの斜めのスルーパスを、前田大然は、ファーサイドからダイレクトで流し込んだ。

 フランスにトドメを差すチーム4点目は、自身にとって五輪初ゴール。ネットを揺らすなり、彼はボールをシャツの中に入れた。

「赤ちゃんのためにやりました」

 2019年の南米選手権の最中に愛娘が誕生し、現在は愛妻に第二子の長男が宿る。出産予定日は8月末。愛息への一足早いプレゼントだった。

 動物病院を経営する母と獣医の父の下に5人兄弟の2番目、長男として産まれた前田は、自分のやりたいことをのびのびとやってほしいという両親の方針から、大自然にちなんで「大然」と名付けられた。

 その名の通り大然少年は、自然の中でのびのび育つ。大阪府と奈良県にまたがる実家近くの二上山に上り始めたのは2歳の頃。それから小学校に入学するまで毎朝、片道1時間の山道を走って登り下りし、現在へとつながるバネを身に付けた。
 
 山梨学院高時代まではほぼ無名の存在で、大学進学を考えていた頃に唯一声を掛けてくれたのが松本山雅FC。素質を見抜いたのが当時の監督・反町康治氏(現日本協会技術委員長)だ。同氏は「今の若手はオフ・ザ・ボールでタイミングよく抜け出すのが得意じゃないが、あいつには染みついている天性の勘みたいなものがあった」と振り返る。

 荒削りながら強さと怖さが光る原石は、入団会見で東京五輪出場を宣言した。それまで代表歴がなく、周囲を驚かせたこの野望はしかし、6年半の時を経て現実のものとなった。

 ゴールを決めたフランス戦後、時間が経つにつれ感慨が沸いてきたという。

「正直あまり実感はなかったんですけど、試合後にたくさん連絡が来ていて」

 そのひとりが、いつもは寝ている時間帯に起きていてくれた愛娘。大舞台で確かな足跡を残したFWは、「嬉しかった」とはにかんだ。

構成●サッカーダイジェスト編集部

【五輪代表PHOTO】U-24日本 4-0 U-24フランス|久保の3戦連発弾などフランス相手に4発快勝!3連勝でGS突破!
 
【関連記事】
「中国人オーナーは出ていけ」「裏切りやがった」ルカク売却合意報道にインテル・ファンが怒り!
「ここで引退するものだと思っていた」バルサ退団のメッシ、涙の会見。新天地については…
「とてつもない怒りだった」闘将シメオネが、敵と乱闘のアトレティコMFにブチギレ!
「来年はカタールでね、ハゲ!」ブラジル代表10番が表彰式でFIFA会長をからかう【東京五輪】
「すげえ…」カナダ女子のロッカールームは「ヤバいね!」。金メダル獲得に喜び爆発!【東京五輪】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ