【連載】小宮良之の『日本サッカー兵法書』 其の二十二「ボランチの本質」

カテゴリ:特集

小宮良之

2015年06月12日

ポジションを留守にせず、攻守のバランスを取るべき。

チャンピオンズ・リーグ決勝で合いまみえたピルロとシャビ。両者はプレーを作り出すタイプのボランチと言える。 (C)Getty Images

画像を見る

 ボランチ。
 
 この用語を知っていると、「サッカーを日常的に見ている」と判別しうる言葉のひとつかもしれない。
 
 言うまでもないが、もちろん用語を知らなくても「サッカーを知っている人」はいる。そもそも、ボランチはポルトガル語のハンドルに由来し、チームの動きを操るという意味だが、世界共通語ではない。英語ではセンターハーフ、ディフェンシブハーフ、スペイン語ではメディオ、ピボーテなどが相当するが、これらは類語に過ぎないのだ。
 
 とは言え、曖昧ながらもボランチというポジションに求められる仕事は、各国で共通点がある。
 
「チームのバランスを取る」
 
 手段は違っても、その目的は違わない。
 
 ピッチの中央に陣取るボランチは、テンポ良くパスを裁いて攻撃のリズムを生み出すこともあれば、相手の攻撃の芽を鋭い出足で摘み、スペースを消し、守備を安定させることもある。攻撃であれ、守備であれ、その支柱的な役割となる。
 
 先頃のチャンピオンズ・リーグ決勝戦で同じピッチに立ったシャビ・エルナンデス(バルセロナ)、アンドレア・ピルロ(ユベントス)は中盤でプレーを創り出すタイプだ。ブレーズ・マテュイディ(パリSG)、ポール・ポグバ(ユベントス)、ラミレス(チェルシー)らはオールコートで動き回って自軍に活力を与え、ナイジェル・デ・ヨング(ACミラン)のように最終ラインの防波堤となる選手もいる。
 
 それぞれ仕事の内容は異なるが、攻撃と守備におけるバランスを取っているのは同じだろう。
「ボランチはポジションを留守にするな!」
 
 これは欧州でも南米でも、しばしば聞かれる訓戒だ。「常に味方が求める場所にポジションを取り、サポートし、カバーする。不用意には動かず、いるべき場所を留守にするな」という教えである。
 
 攻撃の時、ボランチは両サイド、前線の選手、バックラインとの連係を心がけ、常にパスコースを作り、選択肢を広げる。守備の際には、陣形が綻んでいないかを注意し、例えば右SBが駆け上がった場合は、右ボランチがカバーする。ポジションは流動的な部分もあるが、基本的には中央でバランサーとしてチームの舵を取る。もし軽率に中央のスペースを敵に渡した場合、味方は一気に危機に陥るからだ。
 
 そのため、ボランチには欠かせない素養がある。
 
 気が利くこと。
 
 簡単そうで、この能力に恵まれている選手は希有であり、持っていてもしくじることもある。
【関連記事】
【イラク戦会見】ハリルホジッチ監督「私が要求したことを、選手はしっかりこなしてくれた」
【セルジオ越後の天国と地獄】 「まやかしの快勝」だけど、大半のメディアは悪くは書けないよ。だって、ある意味でみんな“共犯者”だから
【日本代表】「スイッチを入れるパス」で3得点を演出。高まる柴崎岳への期待と要求
【CL決勝】「最強の司令塔」シャビとピルロ 最後の直接対決は何を遺したのか
【連載】小宮良之の『日本サッカー兵法書』 其の二十一「日本らしさという罠」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ