「あんまり泣かないので、分かんないですけど…」久保建英が打ち明ける涙の真意【東京五輪】

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2021年08月06日

「今日は自分たちがだめだった」

久保は試合後、人目をはばからず大粒の涙を流した。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 U-24日本代表は8月6日、東京五輪の3位決定戦でU-24メキシコ代表に1-3で敗れた。

 日本は13分にPKで失点すると、22分にもセットプレーからゴールを許す。58分にはCKからダメ押し弾を献上した。78分に途中出場の三笘薫が1点を返すも、反撃はそこまでだった。

 試合後、フル出場した久保建英はこう振り返った。

「チームとしてどこかでメキシコならいけるだろうと思っていたのかもしれないです。今日は自分たちがだめだった」
 
 久保は試合終了と同時にピッチに倒れ込み、大粒の涙を流していた。涙の理由を訊かれると、「あんまり泣かないので、分かんないですけど」と前置きしたうえでこう説明してくれた。

「終わっちゃったなという感じで、最後にせめてメダルを獲って帰ると言っていたのに、虚しさというか……。自分が決めていれば、自分がPKを取っていたら、っていろんなことを考えましたね」

 東京五輪は4位という悔しい結果に終わったが、久保はまだ20歳。これからもサッカー人生は続いていく。

「個人的にはもっともっとやれると思うので、これからも試合に出て、ワールドカップにも出て、代表で圧倒的な存在にならないといけない。別にすぐに切り替えなくてもいいと思いますけど、常にこの悔しさを感じながらやっていく」

 東京五輪での挑戦は終わった。久保にはこの経験を糧に大きく成長してほしい。

構成●サッカーダイジェスト編集部

【五輪代表PHOTO】U-24日本1-3U-24メキシコ|三笘が反撃の1点を返すも追加点が遠くメキシコに敗戦 53年ぶりのメダル獲得とはならず...

日本代表PHOTO】東京オリンピックに挑む、選ばれし22選手を紹介!
 
【関連記事】
【U-24日本 1-3 U-24メキシコ|採点&寸評】悔しい完敗で銅メダルならず。遅れてきた11番に最高評価を!
【セルジオ越後】久保くんの涙に感動とか言ってる場合じゃない! プロにドンマイ、ドンマイなんて必要ないよ
メキシコの手のひらで踊らされ…。泣き崩れた久保に象徴されるバッドエンド【東京五輪/編集長コラム】
「三笘決めた!」「久保泣いてる」3位決定戦、日本はメキシコに敗れる! ファンも落胆隠せず【東京五輪】
「日本の堅陣を突き破った!」銅メダル獲得のメキシコを母国メディアが手放し称賛!「その攻撃に怖さはなし」【東京五輪】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ