PK戦は「まあ(笑)正直、1本外してもいいかな」と話す吉田麻也。試合前に「危惧していた」雰囲気も明かす【東京五輪】

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2021年07月31日

「相手がニュージーランドになって、普通にやれば勝てるという雰囲気を危惧していた」

ニュージーランド戦に出場した吉田が、ゲームを振り返った。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 U-24日本代表は7月31日、東京五輪の準々決勝でU-24ニュージーランド代表に勝利した。

 前半、日本は無得点に終わり、後半に入るとシステム変更したニュージーランドに攻め込まれる。それでも反撃に転じて76分には旗手怜央が、82分には上田綺世がチャンスを掴んだものの、どちらも決め切れなかった。

 スコアレスで延長戦に突入し、両チームともにノーゴールのままPK戦へ。GK谷晃生が1本をセーブし、相手のミスキックもあり、4-2でPK戦を制した。

 PKのラストキッカーを務めた吉田麻也が、まずPK戦について口にした。

「蹴ると決めていました。(谷)晃生が2本止めてくれたので、まあ(笑)正直、1本外してもいいかなという気持ちで蹴りました」
 
 ニュージーランド戦は延長戦も含め、120分を戦う死闘だった。吉田はゲームを冷静な表情で次のように振り返る。

「相手がニュージーランドになって、普通にやれば勝てるという雰囲気を危惧していたので、そこだけ気を緩めないように気を付けました。僕たち選手はタフな試合になるのを想像していましたし、気持ちの準備はしていたので、後ろはよく耐えたと思います。点が入らない時は後ろが我慢しないといけないですし、時には攻撃陣に助けられます。そこは持ちつ持たれつです。よく難しいゲームを耐えたと思います」

 準決勝では、8月3日に埼玉スタジアム2002でスペインと対戦する。テストマッチで対戦した際には1-1で引き分けた相手との一戦に向けて、吉田は強く意気込んだ。

「ロンドン五輪の時もメキシコとテストマッチでやって、勝って、それで準決勝で負けたので、その想いはもうしたくないです。その経験を伝えるのが僕の役目だと思うので、もう一回チームを前にプッシュできるように気を引き締めてやっていきたいです」

 準々決勝でコートジボワールを5-2で下したスペインに、日本はどんな戦いを見せてくれるのか。吉田のパフォーマンスにも注目だ。

構成●サッカーダイジェスト編集部

【日本代表PHOTO】東京オリンピックに挑む、選ばれし22選手を紹介!
【関連記事】
【セルジオ越後】次は日本サッカーの決勝戦! メダルを獲らないと見向きもされないのが五輪だよ
【U-24日本 0(4PK2)0 U-24ニュージーランド|採点&寸評】死闘を制し4強入り! PK戦で活躍の守護神がMOM!/東京五輪
「世界を驚かせるまであと一歩で…」日本にPK戦負けもNZメディアは胸を張る!「戦士たちよ、顔を上げろ!」【東京五輪】
「今日のMVPは麻也」「相手監督を褒めるしかない」本田圭佑がNZ戦を解説!【東京五輪】
「迷惑をかけてしまった」と久保建英が反省。スペイン戦に向けては「150%の力でチームを勝たせたい」【東京五輪】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月23日号
    9月9日発売
    緊急提言
    この布陣で
    W杯最終予選を突破せよ!!
    日本代表「最強スタメン」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月16日発売
    2021ー2022 SEASON
    出場32チームを完全網羅
    CL選手名鑑
    顔写真&データが充実!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ