【セルジオ越後】次は日本サッカーの決勝戦! メダルを獲らないと見向きもされないのが五輪だよ

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年07月31日

NZは自分たちの良さをきっちりと出して、決してフロックで勝ち上がってきたわけじゃないというところを見せていた

PK戦に入る前のU-24日本代表の円陣。次はメダル確定を懸けた試合になる。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 120分でも決着がつかなかった東京五輪準々決勝のニュージーランド戦は、PK戦の末になんとか勝利を収めることができた。本当に冷や冷やものの勝利だったけど、まずはメダル獲得に一歩前進したね。

 苦戦の原因はグループステージ初戦の南アフリカ戦と同じ。体格の大きい相手に引かれてスペースを埋められて、ゴール前まで持ち込んでも最後のフィニッシュでは身体を寄せられ枠を外されてしまう。相手もただ引くだけじゃなくて、ボール際ではフィジカルを押し出して簡単にやらせないし、意外と足技も持っていて油断しているとカウンターも繰り出してくる。
 
 後半になると、日本のほうが難しさを感じて試合中なのに、何人かの選手は下を向いてしまっていた。逆に、ニュージーランドの選手は充実した表情をしていて、終盤に向けて危ない雰囲気が漂っていた。前半に1点取れなかったことが、じわじわと効いていたのは確かだったね。

 本当はこういう試合でこそ差をつけて勝ちたかったところだが、相手もグループステージの戦いぶりが示すように、失点はホンジュラス戦の3失点だけで、2試合はクリーンシート。日本戦でも自分たちの良さをきっちりと出して、決してフロックで勝ち上がってきたわけじゃないというところを見せていたよ。後半にフォーメーションを変えて前半とペースを変えてくる辺りは、しっかりと戦略を持って試合に入っていたようだしね。

 一方の日本は、久保くんにしろ、堂安にしろ、あるいは三笘にしろ、ボールを持ったらあっという間に囲まれて抜くことができない。フィジカルで抑えられ、あるいはファウルで止められ、いつも通りの良さが出せなかった。ドリブラーの選手だけでなく、田中も起点となるパスはほとんどなかったし、遠藤も珍しくデュエルで負けていたね。

 そんななかで日本はディフェンスラインがなんとか持ちこたえた。吉田や冨安は最後まで落ち着いた対応を見せていたし、PK戦では谷がヒーローになってくれた。メダル獲得に向けてポジティブな空気が生まれていた中で、まずは強豪と当たる前にニュージーランドが目を覚ましてくれた気がするよ。
 
【関連記事】
NZ戦、望んでいなかったPK決着、冨安の出場停止は防げなかったのか? スペイン戦で欲しい果敢な采配【東京五輪】
【釜本邦茂】ニュージーランド戦は120分終了で勝利を確信! PK戦も実力があるからこそ勝ち切れた/東京五輪
韓国がメキシコに屈辱的な惨敗! 守備崩壊の大量6失点でベスト4進出ならず!【東京五輪】
男子サッカーのベスト4が決定!PK戦を制した日本はスペインと、ブラジルはメキシコと激突【東京五輪】
【U-24日本 0(4PK2)0 U-24ニュージーランド|採点&寸評】死闘を制し4強入り! PK戦で活躍の守護神がMOM!/東京五輪

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ