「今日のMVPは麻也」「相手監督を褒めるしかない」本田圭佑がNZ戦を解説!【東京五輪】

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年07月31日

相手監督を絶賛

あとはもう勝つだけ。今日の試合内容は不問と語る本田。(C)Getty Images

画像を見る

 本田圭佑は7月31日、自身がCEOを務める会社などが運営している音声コンテンツサービス「NowVoice」で、東京五輪の男子サッカー準々決勝、日本とニュージーランドの一戦のライブ解説を配信している。

 PK戦に突入した戦いに、本田はこう解説している。

「格下は格下。だけどニュージーランドは強いチーム。戦術ひとつでこれだけ戦える。無駄がないから、最後になってもここまでプレスをかけに来れている」と評価。

 後半から1列前に上げた旗手怜央の攻撃シーンを見ると、「決めてないけどジャンプの選手抜群やね」「13番旗手さん?メッチャ攻撃的やん」という驚きも。

 81分の上田綺世のシュートには、「あのシチュエーションは堂安さん次第」「GKよう止めたやん。アレ止める?コースも凄い良かった。ちょっと左に蹴っていれば」とアツくなる場面も。

 直後に攻撃に出た場面では、「疲れてんのかな久保さん」と久保の疲労を気に掛ける場面も。「でも久保さんは代えられない」と日本の至宝に期待を寄せている。
 
 延長から投入された三笘薫についてはこう評価した。

「ここまで使えなかったということは、何かあると思う。コンディションが良くないのかも」もしくは、「森保さんが凄い策士だったら、ここから凄い活躍をするかも。相手も疲れているから普通に活躍するかもしれないよね。あのドリブルはちょっと止められないかも」

「日本が思ったよりも繋げていない」として、「森保さんから要請が来たらこれから教えに行くよ」と饒舌に解説している。

 久保建英のカウンターのシーンでは、「良い!結果論やから、あそこは打っていくの良い」「久保さんもう少し右足も上手いかと思ったけど」と同じ左利きの本田ならではのエールを送っている。

 延長後半のピンチのシーンでは、「ナイス麻也!これ勝ったら麻也MVPやね」と大興奮。

「今日はもう内容とかはいい。相手の監督を褒めるしかない」「あとは勝てばいい」と日本の勝利を願った。

 突入したPK戦では「誰でも良い。結果論」「わからへん」とし、「ここまで来たら運よ。運以外のなにものでものない」とPK戦論を語る。

 さらに、「PK戦は失うものが何もないからニュージーランドのほうが有利」とするものの、「緊張してもGKショボかったら決めれるし、ナイス」「GK動くの速いな。みんな見てから蹴る系だったら、余裕かも」「ナイス!ナイス!ナイスキーパー」とし、2本リードを奪った状況では、「もうここまでくれば勝ちや!リラックスしてるから負けない」と勝利を確信。

「良し!」と勝利を喜び、今日のMVPに吉田麻也を選出した。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【日本代表PHOTO】東京オリンピックに挑む、選ばれし22選手を紹介!
 
【関連記事】
【U-24日本 0(4PK2)0 U-24ニュージーランド|採点&寸評】死闘を制し4強入り! PK戦で活躍の守護神がMOM!/東京五輪
【セルジオ越後】次は日本サッカーの決勝戦! メダルを獲らないと見向きもされないのが五輪だよ
「世界を驚かせるまであと一歩で…」日本にPK戦負けもNZメディアは胸を張る!「戦士たちよ、顔を上げろ!」【東京五輪】
スペインが延長戦の末に激闘を5-2で制しベスト4進出! 日本×NZの勝利チームと準決勝で激突!【東京五輪】
韓国がメキシコに屈辱的な惨敗! 守備崩壊の大量6失点でベスト4進出ならず!【東京五輪】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ